北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

災害時の救護活動に協力 明郷会と厚床西町会が応援協定【根室】

災害時の応援協定を締結した(右から)杉木理事長と岩間会長

 社会福祉法人根室明郷会(杉木博幸理事長)と、厚床西町会(岩間公博会長)は10日、万一の災害時に障がい者支援施設すずらん学園と、グループホームの入居者の救出、救護に協力する「災害時応援協定」を締結した。同日、根室すずらん学園地域交流ホーム研修室で両者の代表が調印式を行った。

 ここ数年全国的、世界的にも気候変動、異常気象等から大きな災害が数多く発生している。国内各地においても豪雨による河川氾濫、記録的短時間大雨(ゲリラ豪雨)、関連する土砂災害、家屋の全壊・流出、道路網の寸断など、災害の大きさが際立っている。

 このようなことから国、道から、災害時において適切な対応ができるように「非常災害対策計画」を立てるよう求められているのを受け、明郷会では昨年九月に同計画を策定した。計画の中には災害時の救出、救護活動には、地域住民とのネットワークづくり、協力体制の構築を図る必要性を明記。地域との調整を進めてきた。

 根室すずらん学園施設のうち、地域生活の拠点である「グループホームひまわり荘」(女性入居者6人)は、本体施設から500メートル程離れており、万が一被災した場合に職員が駆け付けるよりも、地域住民が応援協力者として救出、救護活動に当たることが望ましいことから、同町会と協定を締結した。

 この日は、杉木理事長と岩間会長のほか、同施設から6人、同町会から6人が出席。はじめに同施設の岡部徳久施設長から趣旨説明を行い、出席者の紹介をした後、調印を行い、災害時に応援協力することを決定した。

 杉木理事長は「心から感謝し、今後も皆さんから信頼される施設づくりを目指していく」と感謝を述べ、岩間会長は「学園利用者のため、できる限りの応援、支援をし、安全を確保していく」と話した。

 今後は、主に応援協力員となった町会員7人が、災害時に利用者らの救出・救護に当たる。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...