北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

災害時の救護活動に協力 明郷会と厚床西町会が応援協定【根室】

災害時の応援協定を締結した(右から)杉木理事長と岩間会長

 社会福祉法人根室明郷会(杉木博幸理事長)と、厚床西町会(岩間公博会長)は10日、万一の災害時に障がい者支援施設すずらん学園と、グループホームの入居者の救出、救護に協力する「災害時応援協定」を締結した。同日、根室すずらん学園地域交流ホーム研修室で両者の代表が調印式を行った。

 ここ数年全国的、世界的にも気候変動、異常気象等から大きな災害が数多く発生している。国内各地においても豪雨による河川氾濫、記録的短時間大雨(ゲリラ豪雨)、関連する土砂災害、家屋の全壊・流出、道路網の寸断など、災害の大きさが際立っている。

 このようなことから国、道から、災害時において適切な対応ができるように「非常災害対策計画」を立てるよう求められているのを受け、明郷会では昨年九月に同計画を策定した。計画の中には災害時の救出、救護活動には、地域住民とのネットワークづくり、協力体制の構築を図る必要性を明記。地域との調整を進めてきた。

 根室すずらん学園施設のうち、地域生活の拠点である「グループホームひまわり荘」(女性入居者6人)は、本体施設から500メートル程離れており、万が一被災した場合に職員が駆け付けるよりも、地域住民が応援協力者として救出、救護活動に当たることが望ましいことから、同町会と協定を締結した。

 この日は、杉木理事長と岩間会長のほか、同施設から6人、同町会から6人が出席。はじめに同施設の岡部徳久施設長から趣旨説明を行い、出席者の紹介をした後、調印を行い、災害時に応援協力することを決定した。

 杉木理事長は「心から感謝し、今後も皆さんから信頼される施設づくりを目指していく」と感謝を述べ、岩間会長は「学園利用者のため、できる限りの応援、支援をし、安全を確保していく」と話した。

 今後は、主に応援協力員となった町会員7人が、災害時に利用者らの救出・救護に当たる。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...