北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

フェリー好調、航空各社はダウン 年末年始の利用状況【函館】

 航空とフェリー各社は本年度の年末年始の利用状況をまとめた。青函航路を運航するフェリーは北海道新幹線と比べて格安に利用できることなどから前年より数字を1割伸ばすなど好調だった。一方で函館空港発着の航空機は新幹線開業効果を見込んで機材を大型化した前年の反動で各社とも数字を落とした。

 共栄運輸と北日本海運が共同運航する青函フェリー(函館―青森間)の12月29日~1月3日の利用者数は、前年比10・3%増の2585人。営業担当者は「前年度の年末年始も北海道新幹線の開業効果で大幅に数字を伸ばしていた中で、2次交通の整備や発信の強化がさらなる利用増につながった」としている。

 津軽海峡フェリーの12月28日~1月4日の利用状況は、函館―青森間が同14%増の1万2000人、函館―大間間が同8%増の2600人と、ともに数字を伸ばした。同社は「航空機と連携したインバウンドの送客が好調だった。キャンペーンによる割引の効果も大きい」とみている。

 一方、12月28日~1月3日に函館を発着した航空路線をみると、主要路線の羽田線は全日空が前年同期比18・1%減の1万849人、日本航空が同18・5%減の6988人、エアドゥが同2・4%減の3672人だった。

 全日空と日本航空の函館支店はそれぞれ、旅客数が前年同期を下回った理由について、前年同期と比べて機材が小型化したことを挙げる。このうち全日空函館支店では「前年は北海道新幹線開業で函館に注目が集まったため、ある程度の需要を見込んで機材を大型化していた」とする。

 ただ両社とも、提供座席数が減ったことで旅客数は減ったものの、利用率は前年同期並みを維持しており、「大きなマイナスにはなっていない」と分析している。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...