北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

フェリー好調、航空各社はダウン 年末年始の利用状況【函館】

 航空とフェリー各社は本年度の年末年始の利用状況をまとめた。青函航路を運航するフェリーは北海道新幹線と比べて格安に利用できることなどから前年より数字を1割伸ばすなど好調だった。一方で函館空港発着の航空機は新幹線開業効果を見込んで機材を大型化した前年の反動で各社とも数字を落とした。

 共栄運輸と北日本海運が共同運航する青函フェリー(函館―青森間)の12月29日~1月3日の利用者数は、前年比10・3%増の2585人。営業担当者は「前年度の年末年始も北海道新幹線の開業効果で大幅に数字を伸ばしていた中で、2次交通の整備や発信の強化がさらなる利用増につながった」としている。

 津軽海峡フェリーの12月28日~1月4日の利用状況は、函館―青森間が同14%増の1万2000人、函館―大間間が同8%増の2600人と、ともに数字を伸ばした。同社は「航空機と連携したインバウンドの送客が好調だった。キャンペーンによる割引の効果も大きい」とみている。

 一方、12月28日~1月3日に函館を発着した航空路線をみると、主要路線の羽田線は全日空が前年同期比18・1%減の1万849人、日本航空が同18・5%減の6988人、エアドゥが同2・4%減の3672人だった。

 全日空と日本航空の函館支店はそれぞれ、旅客数が前年同期を下回った理由について、前年同期と比べて機材が小型化したことを挙げる。このうち全日空函館支店では「前年は北海道新幹線開業で函館に注目が集まったため、ある程度の需要を見込んで機材を大型化していた」とする。

 ただ両社とも、提供座席数が減ったことで旅客数は減ったものの、利用率は前年同期並みを維持しており、「大きなマイナスにはなっていない」と分析している。

関連記事

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...

室蘭民報

わくわく発掘体験、縄文楽しむ講座スタート【伊達】

 史跡北黄金貝塚公園(伊達市北黄金町)の解説ボランティア・オコンシベの会(小倉定一代表)は本年度、同公園と縄文文化により理解を深めてもらおうと、講座「縄文を楽しむ」を企画した。初回の16日には...

室蘭民報

宮蘭フェリー22日就航、新たな“海路”誕生祝う【室蘭】

 川崎近海汽船(東京)が室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路があす22日、就航する。室蘭の航路消滅から10年、北海道に新たな物流ルートが誕生する。両市では歓迎の準備が大詰めを迎えた。川近...

根室新聞

ビザなし交流 四島ファミリー訪問団帰島【根室】

 今年度のビザなし交流で受け入れ第2陣となった四島在住ロシア人のファミリー訪問団は19日夕、3泊4日にわたる管内住民との交流を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)でそれぞれの島へ戻った。管内...