北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

フェリー好調、航空各社はダウン 年末年始の利用状況【函館】

 航空とフェリー各社は本年度の年末年始の利用状況をまとめた。青函航路を運航するフェリーは北海道新幹線と比べて格安に利用できることなどから前年より数字を1割伸ばすなど好調だった。一方で函館空港発着の航空機は新幹線開業効果を見込んで機材を大型化した前年の反動で各社とも数字を落とした。

 共栄運輸と北日本海運が共同運航する青函フェリー(函館―青森間)の12月29日~1月3日の利用者数は、前年比10・3%増の2585人。営業担当者は「前年度の年末年始も北海道新幹線の開業効果で大幅に数字を伸ばしていた中で、2次交通の整備や発信の強化がさらなる利用増につながった」としている。

 津軽海峡フェリーの12月28日~1月4日の利用状況は、函館―青森間が同14%増の1万2000人、函館―大間間が同8%増の2600人と、ともに数字を伸ばした。同社は「航空機と連携したインバウンドの送客が好調だった。キャンペーンによる割引の効果も大きい」とみている。

 一方、12月28日~1月3日に函館を発着した航空路線をみると、主要路線の羽田線は全日空が前年同期比18・1%減の1万849人、日本航空が同18・5%減の6988人、エアドゥが同2・4%減の3672人だった。

 全日空と日本航空の函館支店はそれぞれ、旅客数が前年同期を下回った理由について、前年同期と比べて機材が小型化したことを挙げる。このうち全日空函館支店では「前年は北海道新幹線開業で函館に注目が集まったため、ある程度の需要を見込んで機材を大型化していた」とする。

 ただ両社とも、提供座席数が減ったことで旅客数は減ったものの、利用率は前年同期並みを維持しており、「大きなマイナスにはなっていない」と分析している。

関連記事

室蘭民報

中野さんが毎月発行の「白老の自然」が200号に【白老】

 白老町本町の中野嘉陽さん(77)が毎月発行している個人通信「白老の自然」(B4判)がこのほど通算200号を達成した。2001年(平成13年)の第1号以来、途絶えることなく発行し、四季折々の話...

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...