北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大雪函館41センチ、1月の観測史上最大【函館】

 北海道上空に強い寒気が入り、道南付近を低気圧が通過し大気の状態が不安定となった影響で、12日の渡島・桧山は大雪に見舞われた。気象庁の速報値によると、12日の降雪量は函館41センチ、厚沢部町鶉50センチ、七飯町大沼40センチ、八雲町熊石44センチを記録し、いずれも1月としてこれまでの最大となった。函館は年間を通じても過去3番目の多さ。

 同気象台は11日午後3時25分ごろ、渡島東部・西部、桧山南部に大雪警報を発表。同日夜遅くから12日明け方までに警戒を呼び掛け、厚沢部町鶉では11日深夜から、函館市美原では12日早朝から降雪が多くなった。今回の大雪について、低気圧の規模が大きくないことで、道南でも一部の地域で雪雲が発生しやすくなったことや、低気圧の動きが遅いことで降雪量が増えたとしている。

 函館で積雪のピークは52センチで、平年(18センチ)の約2・9倍に当たる。市内の幹線道路は軒並み渋滞となった。

 大雪の影響で交通機関にも午前の便を中心に大きな乱れが出た。JR北海道は午後3時50分までに函館-札幌間の特急北斗、スーパー北斗の上下計10本、はこだてライナー上下計15本、函館-七飯、森、長万部間の普通列車18本を運休または部分運休とし、約3800人に影響した。

 また空の便はJAL(日本航空)は函館―丘珠間の1往復と函館―奥尻間の1往復を欠航し、計108人に影響した。ANA(全日空)は函館―千歳間の1往復を欠航し、計120人に影響。AIRDO(エアドゥ)は函館―羽田間の1往復を欠航し、計204人に影響した。

 ハートランドフェリーは大雪や海上しけの影響で午前8時15分奥尻発江差行き1便を欠航し、60人に影響が出た。  同気象台によると、13日の道内は冬型の気圧配置となるが、道南は曇りや晴れとなる見込み。引き続き雪の多い傾斜地でなだれに注意が必要としている。

■幹線道路除雪に3~4日 函館市内

 記録的な大雪を受け、函館市は12日午後から除雪に着手。特に降雪が多かった産業道路(道道函館上磯線)より北側の北美原と石川、桔梗地区の一部の生活道路で優先的に作業を進めた。

 同日夜から主要幹線道路の本格的な除雪に入っており、市土木部維持課によると、完了まで3~4日かかる見通し。市内に設けられた雪捨て場では排雪を積んだトラックが何度も出入りしていた。

 市民から除雪を求める要望や苦情も多数寄せられ、同日朝から午後3時まで「感覚的に200件くらい」(同課)の電話がひっきりなしにあったという。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...