北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「和凧」と「ちりめん細工」

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「南清 悦子二人展」が開かれている。31日まで。

 夫の清さん(84)と妻の悦子さん(77)夫妻は様似町在住。清さんは和凧30点、悦子さんはちりめん細工の「つるし飾り」20点を展示。清さんは初めて、悦子さんは2年ぶり3回目の展示で、二人展は初めての開催だ。

 清さんの凧作りは30年のキャリア。「北海道さまに凧の会」の会長も務めている。平成16年4月に様似町のエンルム海岸で開催の北海道大凧まつりでは同会製作の百畳大凧を空高く舞い揚げた。

 近年は子どもへ凧作りの指導を行っている。自宅には400枚以上の凧が壁を占領。作品はA3用紙2枚分の大きさの凧など30点で、すべて絵や骨組みを自分で行っている。  「里見八犬伝」や「雷神」「一ノ谷合戦」など物語の絵を78冊の凧の本の中から選び、OHPを使って障子紙に模写し、水彩絵の具で色付けする。人物の髪の毛の生え際など細かいところまで繊細に描かれているのが見事だ。  清さんは「絵を描いたり、(凧の)骨組みをしたり物を作ることが好き。凧もうまく揚がると気持ちがいい」と笑顔。様似町のイメージキャラクター「アポイちゃん」と「かんらん君」の絵が入ったものは販売(1枚1500円)もしている。  悦子さんは札幌市の水野筝曲学院札幌スタジオで準講師も務めている。

 チリメンは絹織物の一種。十数年前にデパートに立ち寄りチリメン細工の商品を購入しようとした際、値段が高く、自分でも作れるのではと思い見よう見まねでつるし飾りを始めた。つるし飾りは東北地方でひな人形と一緒に飾られる。

 作品はつるし物のかわいらしい立ちびなや袋物細工など。袋物には「邪気をはらう」「健康と幸せ」「みんなが笑顔になれるように」など一つひとつに願いが込められている。さらに、新作の「新春の花」、「落ち葉と童の踊り」など店内をいろいろな色で華やかに彩り、見応え十分。

 悦子さんは「自分も作ってみたいと興味を持っていただけたら」とPRし、「難しくても諦めず作っていくと必ずできあがり、いろいろなアイデアが生まれる。次回も新しいことに挑戦する」と話していた。

 入場無料。展示は午前11時から午後5時まで。日、月曜定休。

南清さんと悦子さん夫妻の作品が並ぶ二人展

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...