北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「和凧」と「ちりめん細工」

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「南清 悦子二人展」が開かれている。31日まで。

 夫の清さん(84)と妻の悦子さん(77)夫妻は様似町在住。清さんは和凧30点、悦子さんはちりめん細工の「つるし飾り」20点を展示。清さんは初めて、悦子さんは2年ぶり3回目の展示で、二人展は初めての開催だ。

 清さんの凧作りは30年のキャリア。「北海道さまに凧の会」の会長も務めている。平成16年4月に様似町のエンルム海岸で開催の北海道大凧まつりでは同会製作の百畳大凧を空高く舞い揚げた。

 近年は子どもへ凧作りの指導を行っている。自宅には400枚以上の凧が壁を占領。作品はA3用紙2枚分の大きさの凧など30点で、すべて絵や骨組みを自分で行っている。  「里見八犬伝」や「雷神」「一ノ谷合戦」など物語の絵を78冊の凧の本の中から選び、OHPを使って障子紙に模写し、水彩絵の具で色付けする。人物の髪の毛の生え際など細かいところまで繊細に描かれているのが見事だ。  清さんは「絵を描いたり、(凧の)骨組みをしたり物を作ることが好き。凧もうまく揚がると気持ちがいい」と笑顔。様似町のイメージキャラクター「アポイちゃん」と「かんらん君」の絵が入ったものは販売(1枚1500円)もしている。  悦子さんは札幌市の水野筝曲学院札幌スタジオで準講師も務めている。

 チリメンは絹織物の一種。十数年前にデパートに立ち寄りチリメン細工の商品を購入しようとした際、値段が高く、自分でも作れるのではと思い見よう見まねでつるし飾りを始めた。つるし飾りは東北地方でひな人形と一緒に飾られる。

 作品はつるし物のかわいらしい立ちびなや袋物細工など。袋物には「邪気をはらう」「健康と幸せ」「みんなが笑顔になれるように」など一つひとつに願いが込められている。さらに、新作の「新春の花」、「落ち葉と童の踊り」など店内をいろいろな色で華やかに彩り、見応え十分。

 悦子さんは「自分も作ってみたいと興味を持っていただけたら」とPRし、「難しくても諦めず作っていくと必ずできあがり、いろいろなアイデアが生まれる。次回も新しいことに挑戦する」と話していた。

 入場無料。展示は午前11時から午後5時まで。日、月曜定休。

南清さんと悦子さん夫妻の作品が並ぶ二人展

関連記事

室蘭民報

中野さんが毎月発行の「白老の自然」が200号に【白老】

 白老町本町の中野嘉陽さん(77)が毎月発行している個人通信「白老の自然」(B4判)がこのほど通算200号を達成した。2001年(平成13年)の第1号以来、途絶えることなく発行し、四季折々の話...

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...