北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

人気菓子店 ワッフルの「こばやし」50年【芽室】

 ワッフルが人気商品の「こばやし菓子舗」(本通2ノ3)が、創業50周年を迎えた。50周年を記念して昨年12月には店舗を改装、イートインスペースも設けた。店長の小林喜美江さん(42)は半世紀の節目を迎え、「地元のお客さんはもちろん、遠方の方にとってもアットホームなお店にしていきたい」と話している。

半世紀を迎え改装した店内で人気商品のワッフルを手にする小林喜美江さん

 創業者の小林こう(章に夂に貢)さん=故人=が現在地で始めた駄菓子屋を引き継ぎ、2代目の俊洋さん(故人)が帯広の菓子店での修業を経て1968年、洋菓子店として開店した。

 俊洋さんは2000年に59歳の若さで死去し、現在は妻の淑子さん(66)が社長を務めている。3代目で工場長の真也さん(42)、真也さんの妻の喜美江さんと店を切り盛りする。ケーキ、クッキー、和菓子など100種類を超える商品を製造し販売している。

 俊洋さんと淑子さんが考案したワッフル(1個160円、チーズは180円)は、町外からも引き合いがある人気商品。カスタードやストロベリーなど当初は数種類だったが、現在は15種類に増えた。喜美江さんは「『次はこんな味を出したら』と声を掛けてくれるお客さんもいます」と話す。

 店舗の改装は今回が初めて。床や天井を張り替え、店内を明るくした。イートインスペースでは、購入したワッフルなどをその場で楽しむことができる。ワッフルの製造が見られる実演スペースは残している。

 営業時間は午前9時半~午後7時(日曜は午後6時まで)。第3水曜定休。問い合わせは同店(0155・62・2738)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...