北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

人気菓子店 ワッフルの「こばやし」50年【芽室】

 ワッフルが人気商品の「こばやし菓子舗」(本通2ノ3)が、創業50周年を迎えた。50周年を記念して昨年12月には店舗を改装、イートインスペースも設けた。店長の小林喜美江さん(42)は半世紀の節目を迎え、「地元のお客さんはもちろん、遠方の方にとってもアットホームなお店にしていきたい」と話している。

半世紀を迎え改装した店内で人気商品のワッフルを手にする小林喜美江さん

 創業者の小林こう(章に夂に貢)さん=故人=が現在地で始めた駄菓子屋を引き継ぎ、2代目の俊洋さん(故人)が帯広の菓子店での修業を経て1968年、洋菓子店として開店した。

 俊洋さんは2000年に59歳の若さで死去し、現在は妻の淑子さん(66)が社長を務めている。3代目で工場長の真也さん(42)、真也さんの妻の喜美江さんと店を切り盛りする。ケーキ、クッキー、和菓子など100種類を超える商品を製造し販売している。

 俊洋さんと淑子さんが考案したワッフル(1個160円、チーズは180円)は、町外からも引き合いがある人気商品。カスタードやストロベリーなど当初は数種類だったが、現在は15種類に増えた。喜美江さんは「『次はこんな味を出したら』と声を掛けてくれるお客さんもいます」と話す。

 店舗の改装は今回が初めて。床や天井を張り替え、店内を明るくした。イートインスペースでは、購入したワッフルなどをその場で楽しむことができる。ワッフルの製造が見られる実演スペースは残している。

 営業時間は午前9時半~午後7時(日曜は午後6時まで)。第3水曜定休。問い合わせは同店(0155・62・2738)へ。

関連記事

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

十勝毎日新聞

患者搬送で大規模練習 11月移転に向けて 厚生病院【帯広】

 帯広厚生病院(菊池英明院長)は22日、11月に予定する新病院(帯広市西14南9)への移転に向け、患者搬送のリハーサルを行った。引っ越しに向けた大規模練習は2回目。8日の1回目は胆振東部地震の...

十勝毎日新聞

3人の奮闘 実話で全道へ 帯北高演劇部【帯広】

 高文連十勝支部の演劇発表大会(17、18日・帯広市民文化ホール)で2年連続の最優秀賞に輝き、11月の全道大会(札幌)出場を決めた帯広北高演劇部(顧問・加藤真紀子教諭)。今回挑んだ作品「放課後談話...