北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ペット連れ避難 連絡会議 行政の態勢整備【十勝】

 災害時のペットを連れた避難者の受け入れに関する管内関係者の連絡会議が15日、立ち上がった。同様の会議は他管内にはなく、道内では十勝が初めて。年数回の会議で先進事例を共有し、行政側の態勢整備や、避難に備えた適切なしつけなど飼い主の責務も周知を進める。

災害時のペット受け入れで情報共有した連絡会議

 環境省のガイドラインなどで、災害時はペットとの避難が基本とされているが、具体的な定めはなく、避難所ごとに対応は異なっている。また、飼い主の責務も周知されていない。管内では2016年、17年の台風で避難勧告が出され、関心も高まっており、情報共有を進めようと十勝総合振興局が会議を立ち上げた。

 振興局での第1回会議には市町村の防災、畜犬登録担当部署職員、帯広保健所、十勝獣医師会から34人が参加。振興局環境生活課の清水直子課長が「具体策はこれからというところが多い。連携して対策を進めたい」とあいさつした。

 道のアンケートで、地域防災計画に受け入れの記述があったのは、管内では3自治体にとどまることが紹介され、対策の必要性が指摘された。避難所での動物専用スペース確保のほか、ペットの伝染病予防など飼い主の責務を啓発する必要性も示された。

 今年度の避難所開設・運営マニュアル見直しで、ペットに関するルールを決めた芽室町が事例を紹介。16年の台風の際にペットが避難所内に入り、寝られない人がいたことなどを受けて、町民と共にまとめたと説明した。

 また、獣医師会からは、「ペットがいると迷惑がかかると考えて避難しない人がいると本末転倒。情報周知とルール作りが急がれる」との意見が出された。

関連記事

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...

十勝毎日新聞

工業高でスマート農業 官民連携し研究【帯広】

 官民学一体で地域の課題解決の実践研究に取り組む「高等学校OPENプロジェクト」が本格的に始動している。十勝管内で唯一、研究指定校に選ばれた帯広工業高校(金谷秀幸校長)は、3カ年でスマート農業の...

十勝毎日新聞

特定健診受診今年も管内1位【陸別】

 2017年度の陸別町の特定健診受診率が70.1%になり、全道で4位、十勝では2年連続の1位となった。保健師らによる家庭訪問などに成果が表れた格好。町民の健康に寄与し、将来的な介護給付費の抑制を...