北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ペット連れ避難 連絡会議 行政の態勢整備【十勝】

 災害時のペットを連れた避難者の受け入れに関する管内関係者の連絡会議が15日、立ち上がった。同様の会議は他管内にはなく、道内では十勝が初めて。年数回の会議で先進事例を共有し、行政側の態勢整備や、避難に備えた適切なしつけなど飼い主の責務も周知を進める。

災害時のペット受け入れで情報共有した連絡会議

 環境省のガイドラインなどで、災害時はペットとの避難が基本とされているが、具体的な定めはなく、避難所ごとに対応は異なっている。また、飼い主の責務も周知されていない。管内では2016年、17年の台風で避難勧告が出され、関心も高まっており、情報共有を進めようと十勝総合振興局が会議を立ち上げた。

 振興局での第1回会議には市町村の防災、畜犬登録担当部署職員、帯広保健所、十勝獣医師会から34人が参加。振興局環境生活課の清水直子課長が「具体策はこれからというところが多い。連携して対策を進めたい」とあいさつした。

 道のアンケートで、地域防災計画に受け入れの記述があったのは、管内では3自治体にとどまることが紹介され、対策の必要性が指摘された。避難所での動物専用スペース確保のほか、ペットの伝染病予防など飼い主の責務を啓発する必要性も示された。

 今年度の避難所開設・運営マニュアル見直しで、ペットに関するルールを決めた芽室町が事例を紹介。16年の台風の際にペットが避難所内に入り、寝られない人がいたことなどを受けて、町民と共にまとめたと説明した。

 また、獣医師会からは、「ペットがいると迷惑がかかると考えて避難しない人がいると本末転倒。情報周知とルール作りが急がれる」との意見が出された。

関連記事

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...

室蘭民報

仏坂招魂碑横のほこら崩れ地蔵が損傷【室蘭】

 室蘭市新富町の仏坂招魂碑横のほこらが、何らかの要因で倒壊し、中の地蔵の頭部が損傷していることが24日までに分かった。地元住民や招魂碑にまつわる関係者によると、ほこらの成り立ちや所有者は分から...

室蘭民報

八丁平の篠崎さん宅のシバザクラ彩り鮮やか【室蘭】

 室蘭市八丁平の篠崎徹夫さん宅のシバザクラが24日、暖かな陽光を浴びて満開となっており、道行く住民らの目を楽しませている。  この日の室蘭の最高気温は20・5度(平年15・2度)と7月中旬並...

室蘭民報

日本太鼓財団北海道連合会新会長に室蘭の太田さん【室蘭】

 JX和太鼓班と室蘭龍王太鼓に所属する太田義高さん=室蘭市白鳥台=が、このほど日本太鼓財団北海道連合会の新会長に就任、「和太鼓という伝統文化を盛り上げていきたい」と決意を新たにしている。室蘭市...