北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「光る泥だんご」200個展示 藤丸で2月15日から【帯広】

 幼稚園などを運営する帯広葵学園(上野敏郎理事長)は、幼児教育に「光る泥だんご」作りを取り入れている。帯広市の姉妹都市・静岡県松崎町の伝統文化で、集中力向上や癒やしの効果が期待できるという。2月15日からは、帯広市内の藤丸で「光る泥だんご展」を初開催し、園児が制作した約200作品を展示する。

光る泥だんごを手にする上野理事長

 土や砂、わらに水を加えて固めた泥だんごは、色つきのしっくいを塗って磨くことで、宝石のように光り輝く。松崎町は、江戸時代から続く建築様式「なまこ壁」が現存するなど、左官技術が高い。光る泥だんごは、左官技術を生かした本格的な作品。

 上野理事長が松崎町を訪れて作り方を学び、2016年から教育に取り入れた。園児は約1時間泥だんごを磨き、青や赤色などに光る作品を完成させる。子どもたちは、泥だんごが光る過程に好奇心が湧き、想像力を養っているという。

 園児が作った泥だんごは直径約5センチ。展示会には帯広の森幼稚園、つつじが丘幼稚園、緑陽台保育園の年長児が作った180作品と、松崎町の幼稚園児が作った20作品を展示する。また、作り方指導で協力する十勝左官業協同組合青年部が、直径90センチの巨大泥だんごを制作する予定。展示会は20日まで開く。

 上野理事長は「作品を展示することで、子どもたちが達成感や自信を深め、意欲が高まる機会にしたい。また、多くの人に松崎町の文化である光る泥だんごを知ってほしい」と話している。今後は、十勝の土を使った泥だんご作りにも挑戦する考え。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...