北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ウニ漁始まる 初水揚げ【広尾】

水揚げされたウニを選別する漁業者

 広尾町音調津付近の海で16日、ウニ漁が始まった。ダイバーが厳寒期の海に潜ってウニを取り、町内の音調津漁港に水揚げしている。

 エゾバフンウニの漁は早ければ12月から始まるが、天候の影響でこの日の開始となった。

 午前9時ごろからダイバー3人が潜り、同10時ごろに初水揚げ。作業所で漁業者10人ほどが選別した。ダイバーは沖の船から潜り、別の船が1日5回ほど港と往復してウニを運ぶ。

 ウニは半年ほど施設内で育てて海に放流し、4年ほど成長したものを漁獲。5センチ以下は選別して、海に戻す。広尾漁協(亀田元教組合長)では30年ほど前からこうした増殖事業を続け、資源保護に努めている。

 エゾバフンウニは道内でも地域によって旬が異なり、広尾では冬から春。選別に当たった漁業者の内海善文さん(73)は「身がしっかり入っていて、甘くて最高の味。道内外の多くの人に食べてほしい」と話していた。

関連記事

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...

室蘭民報

仏坂招魂碑横のほこら崩れ地蔵が損傷【室蘭】

 室蘭市新富町の仏坂招魂碑横のほこらが、何らかの要因で倒壊し、中の地蔵の頭部が損傷していることが24日までに分かった。地元住民や招魂碑にまつわる関係者によると、ほこらの成り立ちや所有者は分から...

室蘭民報

八丁平の篠崎さん宅のシバザクラ彩り鮮やか【室蘭】

 室蘭市八丁平の篠崎徹夫さん宅のシバザクラが24日、暖かな陽光を浴びて満開となっており、道行く住民らの目を楽しませている。  この日の室蘭の最高気温は20・5度(平年15・2度)と7月中旬並...

室蘭民報

日本太鼓財団北海道連合会新会長に室蘭の太田さん【室蘭】

 JX和太鼓班と室蘭龍王太鼓に所属する太田義高さん=室蘭市白鳥台=が、このほど日本太鼓財団北海道連合会の新会長に就任、「和太鼓という伝統文化を盛り上げていきたい」と決意を新たにしている。室蘭市...