北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大雪で学校交流実現できず 浦河町児童生徒の天草市訪問

河浦小を訪問し同校教員から歓迎を受ける一行(右側)

 浦河町への入植が縁で友好交流協定を結んでいる熊本県天草市に10日から13日まで、浦河町の小中学生7人とゆかりの会、教育関係者ら13人が児童生徒交流事業として訪問した。同市周辺は記録的な大雪で学校が臨時休校したため、メーンの児童・生徒との交流は実現できなかったが、同市関係者らと交流を深めた。

 熊本県南部にある天草市(人口約8万人)は、平成18年に浦河町とゆかりのある旧河浦町など2市8町が合併し誕生。浦河町には明治4年に旧河浦町など天草地区から杵臼開拓団として入植し、町東部の礎を築いている。

 町と旧河浦町は平成2年から両町小中学生らと相互交流を深め、平成8年に友好交流町の協定を締結。新市誕生で自治体間交流は自然解消したが、平成26年に改めて町と天草市が友好交流都市を締結している。

 今回の交流事業は、荻伏中の中山敏校長を団長に4校の小学6年生4人と3中学の1、2年生3人、ゆかりの会から高校2年生1人、学校、町教委関係者が参加。

 訪問団が天草市に到着した10日から11日にかけ同市周辺は2年ぶりの雪で20㌣ほど積もった。地元民も「これだけの雪は記憶にない」という大雪となり、除雪車がなく車両も大半は夏タイヤのため交通は完全にマヒ。授業体験など学校交流を予定していた11日は現地の河浦小、河浦中は臨時休校した。

 それでも、両校の学校長ら教員が対応し、学校や市を紹介し訪問団と懇談。夜の交流会には昨年浦河町を訪問した小学生2人が駆け付け、交流を深めた。

 中山団長や町教委担当者は「大雪で混乱し忙しいなか、市職員や地元の人がとても歓迎してくれた。子どもたちは天草の歴史や文化、住民に触れ、デコポン狩りや初めて食べる珍しい料理なども味わい、貴重な体験になったと思う」と話していた。

 訪問団の一行は、近く報告会として池田拓町長に現地の様子などを伝える予定。

関連記事

日高報知新聞

子どもたちの安全に!

【日高】日高町危険物安全協会は19日、児童が不審者に遭遇した時に役立つ「緊急ホイッスルライト」を町内5校の全小学校児童594人分を寄贈した。  町教委教育長室を訪れた沢元彦安全協会長は「子どもたち...

日高報知新聞

心を込めて製品販売

【新ひだか】平取養護学校静内ペテカリの園分校(伊藤友紀校長、児童生徒37人)の「高等部製品販売会」が21、23の両日、静内ときわ町2のコープさっぽろ静内店で開かれ、多くの町民が訪れている。  校外製品...

苫小牧民報

駒大苫高、来春に学生寮新設 近隣下宿の閉鎖続き、学習環境整備へ

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は来年4月、苫小牧市明野新町6に全校生徒を対象とした学生寮「敬愛寮」を新設する。最大収容人数は男子102人、女子42人。現在は野球部寮(定員44人)以外に下宿など...

函館新聞

猫との共生アパート展開 函館の潮産業【函館 札幌】

 【札幌】住宅施工、販売の潮産業(函館市西桔梗町、外崎浩之社長)は、猫共生型賃貸住宅「ネコフィーノ」の展開に力を入れている。17、18の両日には札幌市内で初めて手掛けた「ネコフィーノ グラシア...

函館新聞

UDタクシー普及へ、市が4月から購入費を助成【函館】

 函館市は新年度、誰もが乗りやすいユニバーサルデザイン(UD)タクシーの普及に乗り出す。当初予算案に400万円を計上。市内のタクシー事業者を対象に車両購入費を補助する制度を設け、初期費用の負担...