北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大雪で学校交流実現できず 浦河町児童生徒の天草市訪問

河浦小を訪問し同校教員から歓迎を受ける一行(右側)

 浦河町への入植が縁で友好交流協定を結んでいる熊本県天草市に10日から13日まで、浦河町の小中学生7人とゆかりの会、教育関係者ら13人が児童生徒交流事業として訪問した。同市周辺は記録的な大雪で学校が臨時休校したため、メーンの児童・生徒との交流は実現できなかったが、同市関係者らと交流を深めた。

 熊本県南部にある天草市(人口約8万人)は、平成18年に浦河町とゆかりのある旧河浦町など2市8町が合併し誕生。浦河町には明治4年に旧河浦町など天草地区から杵臼開拓団として入植し、町東部の礎を築いている。

 町と旧河浦町は平成2年から両町小中学生らと相互交流を深め、平成8年に友好交流町の協定を締結。新市誕生で自治体間交流は自然解消したが、平成26年に改めて町と天草市が友好交流都市を締結している。

 今回の交流事業は、荻伏中の中山敏校長を団長に4校の小学6年生4人と3中学の1、2年生3人、ゆかりの会から高校2年生1人、学校、町教委関係者が参加。

 訪問団が天草市に到着した10日から11日にかけ同市周辺は2年ぶりの雪で20㌣ほど積もった。地元民も「これだけの雪は記憶にない」という大雪となり、除雪車がなく車両も大半は夏タイヤのため交通は完全にマヒ。授業体験など学校交流を予定していた11日は現地の河浦小、河浦中は臨時休校した。

 それでも、両校の学校長ら教員が対応し、学校や市を紹介し訪問団と懇談。夜の交流会には昨年浦河町を訪問した小学生2人が駆け付け、交流を深めた。

 中山団長や町教委担当者は「大雪で混乱し忙しいなか、市職員や地元の人がとても歓迎してくれた。子どもたちは天草の歴史や文化、住民に触れ、デコポン狩りや初めて食べる珍しい料理なども味わい、貴重な体験になったと思う」と話していた。

 訪問団の一行は、近く報告会として池田拓町長に現地の様子などを伝える予定。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...