北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

芭蕉同窓会が87回総会 余興楽しみ親睦深める【根室】

恒例の「芭蕉太鼓」で会場が大盛り上がりとなった

 根室高校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は21日、第87回総会及び懇親会を根室グランドホテル2階孔雀の間で開いた。卒業生や関係者ら約300人が一堂に会した総会では、伝統ある三つの校歌を高らかに斉唱。当番幹事会(掛川泰生幹事長)による余興では、息の合ったダンスや恒例の芭蕉太鼓で盛り上げた。

 今年で発足93年を迎えた芭蕉同窓会は、昨年卒業の188人を加えた2万4,974人の会員を擁す。毎年36歳を迎える年男・年女の卒業生が当番幹事となって、1月の総会及び親睦会を企画・運営しており、今年は全日制第53回生が幹事を務めた。

 総会で松浦会長は「この良き伝統を次世代に継承し、また新たなことにも挑戦してほしい」とあいさつ。根室高校の田尻勝敏校長は同校の近況を報告し、「これからも同窓生の方々の伝統を守りながら、魅力あるまちづくりへの協力をお願いする」と述べた。

 議事は慣例によって第51回生当番幹事会の幹事長だった早川元さんを議長に選任して進められ、庶務および会計の報告を原案通り承認したほか、任期満了に伴う役員改選では、全役員を再任した。

 総会には長谷川俊輔根室市長と寺脇文康教育長をはじめ、約300人の出席者が立ち会ったほか、芭蕉同窓会札幌支部の幅崎徹支部長も駆け付け、母校のさらなる発展を祈った。

 引き続き行われた懇親会では「膠漆之心~固い絆、これまでも、これからも~」をテーマに、余興の練習風景や当番幹事団らの写真を織り交ぜたオープニングムービーで幕開け。掛川幹事長は「時間の許す限り大いに楽しんで」とあいさつした。

 余興では、歌やものまねのほか、昨年話題となった芸人や団体などをもとに「ノンキャリアウーマン With B」や「元・根室高校ダンス部」などのダンスで盛り上げ、後半には今年も「芭蕉太鼓」を披露。企画部会員の佐藤樹さんがリーダーとなり、第一祭典区、根室太鼓保存会の指導で「いつかまた」、「族」を演奏。約3カ月にわたって練習してきた集大成を披露し、アンコールの声に応えて再度「族」を演奏し、力強く音を響かせ、締めくくった。

関連記事

十勝毎日新聞

地上絵で「ありがとう」 閉校の西上音更小【士幌】

 西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)が来年3月に閉校するのを前に、地元農家の有志が校舎に隣接する畑で、地上絵を制作した。校章と「99年間ありがとう」というメッセージを描いた。15日には...

十勝毎日新聞

「幻の橋」模型完成 崩れも精密に再現【上士幌】

 崩壊が進むタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)を後世に伝えようと、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンター(河田充代表)はインターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を活用し、3Dデー...

十勝毎日新聞

畑から湯気 17日は峠で積雪も【士幌】

 秋から冬へ季節が移ろう中、16日の十勝管内では気温差により、畑の堆肥がもうもうと白い湯気を立てる光景が見られた。  帯広測候所によると、16日朝の最低気温は最も低い大樹で2.6度、帯広は6....

室蘭民報

グランドホテルの村元さんが全日本司厨士協会から銀章【登別】

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町)の洋食シェフ・村元茂美さん(64)が、全日本司厨士(しちゅうし)協会から銀章を受けた。永年の協会役員として携わった功績が評価された。「登別にはおいしい食...

函館新聞

秋の大沼湖畔を快走 グレートラン・ウオークに2192人【七飯】

 【七飯】「2018北海道大沼グレートラン・ウオーク」(七飯大沼国際観光コンベンション協会主催)が14日、大沼国定公園で開かれた。ランニングとウオーク合わせて2192人がエントリーし、秋風を浴び...