北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

燃料代の軽減が魅力 浦河町役場前EV充電器の運用開始

池田町長による役場前の電気自動車急速充電器の充電デモンストレ ーション

 浦河町築地の役場駐車場に設置が完了した電気自動車(EV)の急速充電器スタンドの運用が23日から始まり、この日、池田拓町長による充電のデモンストレーションが行われた。  電話ボックス大の急速充電器は、電気自動車の普及拡大に力を入れている国の整備方針に沿い、トヨタや日産など国内大手自動車関連メーカーによる合弁会社「日本充電インフラ」が国の助成を受け、町内では12月に役場前と西舎のうらかわ優駿ビレッジ・アエル駐車場に設置した。

 この日は、浦河、えりも両町でコンビニを経営する飛山和幸社長(57)が業務用に使用しているドイツ・BMW社の電気自動車で充電のデモンストレーションを実施。池田拓町長がスイッチを入れ、30分ほどで充電を終えた。

 飛山さんによると、普段は夜間7、8時間かけ家庭で200ボルト電源から充電。「1回の充電で100~120㌔程度は走れる」という。ガソリン車を使用していた時には往復約100㌔の浦河~えりもの頻繁な運転で「ガソリン代が月6、7万円かかっていたが、電気自動車にかえてから、燃料代は月1万円ほど」に軽減。夜間の家庭充電は1回数10円で、専用カードによる急速充電は1回300円ほど。

 最新型の電気自動車では1回の充電で250㌔から400㌔ほどまで走行距離が伸びており、飛山さんも「家庭での充電が基本で、燃料代は劇的に減らせる。地方に充電スタンドが増えれば観光など遠出する人たちも増加が期待できる」とし、池田町長も「公用車として使用する自治体も増えるのでは」と話していた。

 役場前の充電器スタンドは24時間利用可能。アエルの充電器も25日から運用を開始する。

関連記事

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...

室蘭民報

「広報のぼりべつ」の表紙写真が道コンクールで入選【登別】

 登別市の広報誌「広報のぼりべつ」2018年11月号の表紙を飾った写真が、第65回北海道広報コンクールの一枚写真・市町村の部に入選した。雨の中、元気いっぱい走る子どもたちがたすきをつなぐ瞬間を...

室蘭民報

旧カルルス鉱山坑道跡に厳寒の造形「巨大氷筍」【登別】

 氷のタケノコ、と書いて氷筍(ひょうじゅん)。厳寒の一時期だけ姿を見せる芸術品は、天井から落ちた水が瞬時に凍り付き、繰り返すことで上部ににょきにょきと成長していく。硬い岩盤を突き破ったかの...