北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

認知症カフェ 憩いの場に 開設から1年【芽室】

 認知症当事者の居場所や介護する家族の交流の場として、昨年1月に町が開設した「オレンジカフェ」(認知症カフェ)が1年を経過した。認知症や介護について気軽に情報交換できることもあり、当事者以外の高齢者の憩いの場としても定着しつつある。

開設から1年を迎えたオレンジカフェ。認知症当事者や家族以外にも高齢者らの居場所として定着しつつある

 オレンジカフェは毎月第4月曜の午前10時から午後0時半まで、めむろまちの駅(めむろーど1階)で開いている。今年から町内のNPO法人生活支援ネットワーク結に業務を委託している。参加費は100円。

 カフェでは「おしゃべりタイム」と銘打ち、認知症についての講話の他、芽室の歴史や民話、手のマッサージなど参加者が講師となって特技や知識を披露することも。その後、パンやスープなどの軽食を囲む。

 昨年6月までの参加者は14~17人と10人台が続いていたが、参加者同士や民生委員の声掛けなどもあり、7月以降は20~30人台に上る。男性の姿も目立つ。

 今年1回目の開催となった22日には24人が来場した。参加者の1人で、日本笑いヨガ協会のリーダーの資格を持つ後藤有子さん(68)が笑いヨガについて紹介した。高次脳機能障害を抱える夫の實さん(71)と共に参加した後藤さんは「(介護中の)家族の方と意見交換できるので来るようにしています」と笑顔を見せた。

 参加者は結のメンバーが作ったカレーライスを味わいながらおしゃべりに花を咲かせた。認知症の夫を7年前に亡くした及川日出子さん(78)は「知人に誘ってもらって来るようになった。いろいろなことを知ることができて楽しい」と話した。

 町保健福祉課は「『認知症の知識を深めたい』という方や、相談の場として参加してくれている方もいる。認知症当事者や家族の方により多く参加してもらい、居場所や介護の負担軽減につながれば」としている。

 次回は2月26日。問い合わせは町保健福祉課(0155・62・9724)へ。

関連記事

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...

十勝毎日新聞

工業高でスマート農業 官民連携し研究【帯広】

 官民学一体で地域の課題解決の実践研究に取り組む「高等学校OPENプロジェクト」が本格的に始動している。十勝管内で唯一、研究指定校に選ばれた帯広工業高校(金谷秀幸校長)は、3カ年でスマート農業の...

十勝毎日新聞

特定健診受診今年も管内1位【陸別】

 2017年度の陸別町の特定健診受診率が70.1%になり、全道で4位、十勝では2年連続の1位となった。保健師らによる家庭訪問などに成果が表れた格好。町民の健康に寄与し、将来的な介護給付費の抑制を...