北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

認知症カフェ 憩いの場に 開設から1年【芽室】

 認知症当事者の居場所や介護する家族の交流の場として、昨年1月に町が開設した「オレンジカフェ」(認知症カフェ)が1年を経過した。認知症や介護について気軽に情報交換できることもあり、当事者以外の高齢者の憩いの場としても定着しつつある。

開設から1年を迎えたオレンジカフェ。認知症当事者や家族以外にも高齢者らの居場所として定着しつつある

 オレンジカフェは毎月第4月曜の午前10時から午後0時半まで、めむろまちの駅(めむろーど1階)で開いている。今年から町内のNPO法人生活支援ネットワーク結に業務を委託している。参加費は100円。

 カフェでは「おしゃべりタイム」と銘打ち、認知症についての講話の他、芽室の歴史や民話、手のマッサージなど参加者が講師となって特技や知識を披露することも。その後、パンやスープなどの軽食を囲む。

 昨年6月までの参加者は14~17人と10人台が続いていたが、参加者同士や民生委員の声掛けなどもあり、7月以降は20~30人台に上る。男性の姿も目立つ。

 今年1回目の開催となった22日には24人が来場した。参加者の1人で、日本笑いヨガ協会のリーダーの資格を持つ後藤有子さん(68)が笑いヨガについて紹介した。高次脳機能障害を抱える夫の實さん(71)と共に参加した後藤さんは「(介護中の)家族の方と意見交換できるので来るようにしています」と笑顔を見せた。

 参加者は結のメンバーが作ったカレーライスを味わいながらおしゃべりに花を咲かせた。認知症の夫を7年前に亡くした及川日出子さん(78)は「知人に誘ってもらって来るようになった。いろいろなことを知ることができて楽しい」と話した。

 町保健福祉課は「『認知症の知識を深めたい』という方や、相談の場として参加してくれている方もいる。認知症当事者や家族の方により多く参加してもらい、居場所や介護の負担軽減につながれば」としている。

 次回は2月26日。問い合わせは町保健福祉課(0155・62・9724)へ。

関連記事

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...

室蘭民報

仏坂招魂碑横のほこら崩れ地蔵が損傷【室蘭】

 室蘭市新富町の仏坂招魂碑横のほこらが、何らかの要因で倒壊し、中の地蔵の頭部が損傷していることが24日までに分かった。地元住民や招魂碑にまつわる関係者によると、ほこらの成り立ちや所有者は分から...

室蘭民報

八丁平の篠崎さん宅のシバザクラ彩り鮮やか【室蘭】

 室蘭市八丁平の篠崎徹夫さん宅のシバザクラが24日、暖かな陽光を浴びて満開となっており、道行く住民らの目を楽しませている。  この日の室蘭の最高気温は20・5度(平年15・2度)と7月中旬並...

室蘭民報

日本太鼓財団北海道連合会新会長に室蘭の太田さん【室蘭】

 JX和太鼓班と室蘭龍王太鼓に所属する太田義高さん=室蘭市白鳥台=が、このほど日本太鼓財団北海道連合会の新会長に就任、「和太鼓という伝統文化を盛り上げていきたい」と決意を新たにしている。室蘭市...