北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

富裕層向け体験ツアー 振興局が観光PR【十勝】

馬と触れ合う参加者ら。左は持田さん

 十勝総合振興局は、22~24日の日程で道内外の観光関係者ら3人を招いたモニターツアーを管内で行った。富裕層の誘客促進と長期滞在型観光を目指す3カ年の計画で、ツアーの商品化の可能性を探っていく。

 同振興局商工労働観光課の主導で、食と観光分野を生かして2年前の台風災害からの復興加速化を目指す「十勝ファムトリップ事業」の一環。経済効果を見込み、十勝で、通過型観光から連泊してもらう観光形態への転換を図るため、富裕層に的を絞った。

 事業はJTB北海道帯広支店に受託し、食に限らず十勝ならではの体験プログラムを組み合わせた2泊3日の旅行行程を組んだ。

 一行は初日に帯広競馬場で事業名を冠した協賛レースを観戦。続いて音更町のガーデンスパ十勝川温泉で、ラクレットタイプのチーズ「モールウオッシュ」を温泉水で磨く作業を体験した。2日目は鹿追町然別湖のコタンで氷のグラス作りや、町内の広大な雪原で犬ぞりを体験。ジャガイモなど十勝産野菜をふんだんに使った昼食も楽しんだ。

 最終日は早朝から豊頃町大津海岸で「ジュエリーアイス」を観賞。帯広、池田、中札内の観光名所に分かれてそれぞれが楽しんだ後、市富士町の持田裕之さんが運営する「HMH(ヒロユキ・モチダ・ホースマンシップ)」で乗馬体験や馬たちのショーを見学した。

 参加した稚内観光協会の柳原由実子プロジェクトマネージャーは「十勝にしかない魅力を体感した」。柳原マネージャーの勧めで参加した工藤崇子さん=シンガポール在住=は「氷のグラス作りや犬ぞりなどは人生で初めての体験。また訪れたい」と話していた。

 同振興局は参加者へのアンケートなどを基に課題を絞り出し、次年度以降につなげる見通し。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...