北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

学級減の三条 1.4倍 公立高校出願 11校で定員割れ【帯広】

 道教委は29日午前、2018年度公立高校入試の25日現在の出願状況を公表した。十勝管内の全日制、定時制合わせた全出願者数は2568人(昨年当初2620人)で、全日制の倍率は1.0倍。帯広市内の全日制普通科の倍率は帯広柏葉1.3倍、帯広三条1.4倍、帯広緑陽1.1倍だった。全日制、定時制合わせて11校12学科で定員割れがあり、例年同様、町村校の厳しい現状が明らかになった。

 全日制普通科は定員1520人に対し1536人が出願し、倍率は昨年当初と変わらず1.0倍。今年度入試から三条が学級数1減(40人減)となり、出願者数は昨年同期と同じく326人と変わらないが、倍率は0.2ポイント上がり1.4倍と高倍率を示した。

 一方で募集定員に満たなかったのは音更、上士幌、幕別、鹿追、大樹、広尾、本別、足寄。ただ、足寄は14年度から毎年0.1ポイントずつ出願率が増え、近年では最も高い。同校は「地元の中学校の出願者が多くなっている。学習塾や給食など、町の支援も大きい」としている。

 職業科は定員720人に対し、出願者数805人で倍率は昨年当初から0.1ポイント上がり1.1倍。帯広南商業や士幌など5校9学科で出願者数が増えた。高卒者の就職が売り手市場となっていることも影響しているとみられる。

 総合学科は清水が0.2ポイント下げ0.8倍、池田は変わらず1.1倍だった。

 出願変更は30日から2月5日午後4時まで受け付ける。一般入試は3月6日に学力検査を行い、合格発表は同16日。推薦・連携型入試は2月14日に試験を行い、同21日までに合格者に内定を通知する。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...