北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

復興願い響く第九 町民170人合唱 農民管弦楽団定演【清水】

復興を願い、歓喜の歌を高らかに響かせた町民合唱団と北海道農民管弦楽団

 北海道農民管弦楽団(牧野時夫代表)の定期演奏会が28日、清水町文化センターで開かれた。一昨年の台風10号災害の惨禍を乗り越えて前に進む熱い思いを込めて、町民合唱団170人がオーケストラの演奏をバックに「歓喜の歌」を大ホールに響かせた。

 定期演奏会は24回目で、実行委員会主催。十勝で最も被害が大きかった町から、台風災害の復興を応援しようと、初めて清水町で開催した。

 町は“市民第九発祥の地”として知られる一方で、長く続いた5年に1度の第九演奏会は2015年で中止されている。今回再結成した町民合唱団には、幼児から高校生60人も参加し、清水出身の延与幸恵さん(ソプラノ)らプロの声楽家が共演した。

 会場の大ホールは800人余りの聴衆で満席に。ロッシーニの歌劇「泥棒かささぎ」序曲で開幕し、ベートーベン作曲の「交響曲第九番」を第1楽章から奏でた。第4楽章のフィナーレでは合唱が入り、復興への願いを込めながら荘厳な「歓喜の歌」を響かせ、客席から万雷の拍手が湧き起こった。

 町民合唱団は昨年7月末から、数十回の練習を重ねてこの日に臨んだ。自営業の坂上裕治さん(70)は初参加で、「緊張したけど会場の一体感が気持ちよかった」と話した。孫4人の舞台を客席から見守った近藤惠子さん(65)は「絶やすことなく演奏を続けた人たちには、感謝の気持ちでいっぱい。孫の体にも染み込んだ第九合唱団。今後も歌ってほしい」とたたえた。

 実行委員長の三澤吏佐子さん(57)は「子どもたちを舞台に上げることが一番の夢だった。人と人、地域と地域、時代と時代がつながってこその文化。次の世代にバトンを渡すことができたかな」と思いをかみしめていた。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス