北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

五輪出場の2人に続け

 2月3日から6日まで長野県長野市のエムウェーブで開かれる「第38回全国中学校スケート大会」に出場する浦河町内3中学校の男女生徒9人が26日、役場を表敬訪問し、池田拓町長と浅野浩嗣教育長が出場選手の活躍に期待し激励した。 

池田町長(後列左)から激励を受けた中学生たち

 全国大会に出場する9人は、浦河第一中から高橋海翔(かいと)君、富岡真望(まなと)君、駒ひなこさんの3年生と、2年の浅木晶斗(まさと)君の4人。浦河第二中から3年の佐藤樹生(みきお)君と平泉博貴(ひろき)君の2人。荻伏中から3年の菊池健太君、2年の鮫川友希君と吉田菜緒さんの3人。高橋君と菊池君、駒さん、鮫川君、吉田さんは2年連続の全国大会出場となる。

 今月6日から8日まで帯広市内の明治北海道十勝オーバルで開かれた第48回全道中学校スケート・アイスホッケー大会のスピードスケート競技に町内3校から13人が出場し、9人が全国出場権のある上位成績で道代表メンバーに選ばれた。全選手が500㍍から5千㍍まで5種目で、2種目ずつ出場する。

 町教委によると、今回の日高と胆振両管内からの全国大会出場選手は15人で、浦河勢が3分の2近くを占めた。浦河町には3つのスケート少年団があり、小中学生が日ごろから切磋琢磨しており、昨年の全国大会に10人、一昨年も8人が出場している。

 全国大会を前に池田町長や浅野教育長は「平昌オリンピックに浦河出身の先輩2人が出場する。皆さんも2人の背中を追って頑張ってベストを尽くしてほしい」と激励。

 全道大会5千㍍で2位、3千㍍で5位の好成績を残した菊池君(荻伏中)は「3年間の集大成として、両種目とも表彰台を目指したい」。500㍍、1000㍍に出場する高橋君(浦河第一中)は「2回目の今回は自分の力を出し切りたい」。初出場で3千㍍、5千㍍に挑む佐藤君(浦河第二中)は「初めてでとても緊張しているが頑張ります」などと抱負を語っていた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス