北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

江差、松前など冬の周遊バス運行 道南の歴史と味を体験【木古内】

上ノ国町にある北海道最古の民家、重要文化財「旧笹浪家」

 江差、松前方面を日帰りでめぐるバスツアー「旬感・千年北海道 冬の江差号・松前号」(函館駅発着)の運行が2月3日から始まる。今年は江差方面を回る「江差号」が同24日まで4回、松前方面を回る「松前号」が同25日まで4回催行される。

 町などでつくる木古内駅活用推進委員会が、北海道新幹線の開業を機に観光需要を創出するため、冬ならではの食や歴史、体験などの魅力を体験できるツアーとして4年前から毎年企画し、JR北海道が催行している。

 「冬の江差号」は江差、厚沢部、乙部、上ノ国の日本海側各町をめぐる。江差では、町中にひな人形が飾られる「江差・北前のひな語り」を開催中の「いにしえ街道」を地元ガイドの案内で歩く。今年は、昼食は「江差追分会館」での新メニュー「網元にしん御膳」、夕食は中国料理「彩風塘」での地元食材を使用した中華とするなど、食事を充実させた。

 「冬の松前号」は、松前、福島、知内、木古内の各町をめぐる。松前漬け作り体験や、木古内でみそぎ体験などの体験プランを用意しているほか、夕食は木古内「どうなんデス」でのパスタディナー。また、知内のカキや松前のマグロなど津軽海峡の海の幸を味わう。両ツアーとも道の駅「みそぎの郷きこない」などで地元特産品の買い物を楽しむ時間を設ける。

 函館駅を発着地に設定するほか、木古内駅発着の北海道新幹線「はやぶさ」に接続し、本州からの訪問者も意識したプランとなっている。通常冬季は行っていない江差追分会館の「江差追分」実演や、福島町青函トンネル記念館の元掘削従事者によるガイドツアーなども運行にあわせ特別に実施する。

 1月25日に道内の観光関係者などを対象に実施された「冬の江差号」モニターツアーに参加した、北海道観光振興機構の小室抄織さんは「上ノ国では北海道最古の古民家旧笹浪家に感動。江差では地元のお店をめぐり、町の人たちの素朴さと人情が伝わってきた。道南西部は、道民でもなかなか行かないところだが、もっと魅力をPRしていきたい」と話していた。

 「冬の江差号」は2月3日、10日、17日、24日の土曜、「冬の松前号」は4日、11日、18日、25日の日曜に催行する。

 料金は、両ツアーとも1人4800円(大人、子供同額、食事代や入場料など含む)。JR北海道ツインクルデスク(011・219・5489)まで電話で申し込む。申し込みは出発の5日前まで。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...