北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌管内8市町村キャラクター お友だち協定を締結

ゆるキャラの前で協定書に署名し固い握手を交わす8市町村長と松浦局長

 留萌管内8市町村のご当地キャラクターが、力を合わせて管内を盛り上げよう―と、「お友だち協定」の締結式が、1日午後2時15分から苫前町とままえ温泉ふわっとで行われた。お友だちのまちのイベントに出向いたり、お友だちと一緒に管外のイベントに参加するなど、ご当地キャラクターがスクラムを組んで管内をPRする。

 管内では平成27年度までは、初山別村と苫前町にご当地キャラクターが不在だったが、28年12月に初山別村に「しょさまる」、昨年1月に苫前町に「くまだとまお」が誕生。増毛町の「マーシーくん」、留萌市の「KAZUMOちゃん」、小平町の「おびまる」、羽幌町の「オロ坊」、遠別町の「モモちん」、天塩町の「てしお仮面」と管内全市町村にご当地キャラクターがそろった。

 協定は全市町村にゆるキャラが出そろったことで、お互いに協力しあって管内の魅力を多くの人に伝えるために、管内外のイベントやキャンペーンに出向いて盛り上げたり、31年度の高規格幹線道路深川留萌自動車道全線開通するPRするなど留萌地域の活性化を図る目的。    8体の着ぐるみや管内各市町村の首長が出席した締結式では、協定の調印に先立ちに立会人の松浦豊留萌振興局長が「苫前町の森利男町長の提案をきっかけに、各市町村長の思いが一つになって今日の締結に至った。管内は食の宝庫で景観も美しい。キラリと光る素晴らしい資源を持っているが、まだまだ知られていないのが現状。管内一丸となって、留萌地域の魅力を多くの人に伝えたい」とあいさつした。

 このあと、ゆるキャラに代わって8市町村長がお友だち協定書に署名し、8市町村長を代表して高橋定敏留萌市長が「留萌地域には自然、食の癒やしがたくさんある。その中でもそれぞれのまちの雰囲気を醸し出すキャラは何よりも素晴らしい癒やしの財産。そのキャラたちが連携して留萌地域の情報発信活動などを行うことで新しい風が吹く」と語り、ご当地キャラクターの前で8市長村長、松浦局長が固い握手を交わした。

 お友だち活動の第1弾として3、4の両日、留萌合同庁舎などでで開かれる「オロロンスノーパラダイス2018」の応援に、くまだとまお、しょさまるが出向く予定だ。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...