北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌管内8市町村キャラクター お友だち協定を締結

ゆるキャラの前で協定書に署名し固い握手を交わす8市町村長と松浦局長

 留萌管内8市町村のご当地キャラクターが、力を合わせて管内を盛り上げよう―と、「お友だち協定」の締結式が、1日午後2時15分から苫前町とままえ温泉ふわっとで行われた。お友だちのまちのイベントに出向いたり、お友だちと一緒に管外のイベントに参加するなど、ご当地キャラクターがスクラムを組んで管内をPRする。

 管内では平成27年度までは、初山別村と苫前町にご当地キャラクターが不在だったが、28年12月に初山別村に「しょさまる」、昨年1月に苫前町に「くまだとまお」が誕生。増毛町の「マーシーくん」、留萌市の「KAZUMOちゃん」、小平町の「おびまる」、羽幌町の「オロ坊」、遠別町の「モモちん」、天塩町の「てしお仮面」と管内全市町村にご当地キャラクターがそろった。

 協定は全市町村にゆるキャラが出そろったことで、お互いに協力しあって管内の魅力を多くの人に伝えるために、管内外のイベントやキャンペーンに出向いて盛り上げたり、31年度の高規格幹線道路深川留萌自動車道全線開通するPRするなど留萌地域の活性化を図る目的。    8体の着ぐるみや管内各市町村の首長が出席した締結式では、協定の調印に先立ちに立会人の松浦豊留萌振興局長が「苫前町の森利男町長の提案をきっかけに、各市町村長の思いが一つになって今日の締結に至った。管内は食の宝庫で景観も美しい。キラリと光る素晴らしい資源を持っているが、まだまだ知られていないのが現状。管内一丸となって、留萌地域の魅力を多くの人に伝えたい」とあいさつした。

 このあと、ゆるキャラに代わって8市町村長がお友だち協定書に署名し、8市町村長を代表して高橋定敏留萌市長が「留萌地域には自然、食の癒やしがたくさんある。その中でもそれぞれのまちの雰囲気を醸し出すキャラは何よりも素晴らしい癒やしの財産。そのキャラたちが連携して留萌地域の情報発信活動などを行うことで新しい風が吹く」と語り、ご当地キャラクターの前で8市長村長、松浦局長が固い握手を交わした。

 お友だち活動の第1弾として3、4の両日、留萌合同庁舎などでで開かれる「オロロンスノーパラダイス2018」の応援に、くまだとまお、しょさまるが出向く予定だ。

関連記事

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...

室蘭民報

わくわく発掘体験、縄文楽しむ講座スタート【伊達】

 史跡北黄金貝塚公園(伊達市北黄金町)の解説ボランティア・オコンシベの会(小倉定一代表)は本年度、同公園と縄文文化により理解を深めてもらおうと、講座「縄文を楽しむ」を企画した。初回の16日には...

室蘭民報

宮蘭フェリー22日就航、新たな“海路”誕生祝う【室蘭】

 川崎近海汽船(東京)が室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路があす22日、就航する。室蘭の航路消滅から10年、北海道に新たな物流ルートが誕生する。両市では歓迎の準備が大詰めを迎えた。川近...

根室新聞

ビザなし交流 四島ファミリー訪問団帰島【根室】

 今年度のビザなし交流で受け入れ第2陣となった四島在住ロシア人のファミリー訪問団は19日夕、3泊4日にわたる管内住民との交流を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)でそれぞれの島へ戻った。管内...