北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌管内8市町村キャラクター お友だち協定を締結

ゆるキャラの前で協定書に署名し固い握手を交わす8市町村長と松浦局長

 留萌管内8市町村のご当地キャラクターが、力を合わせて管内を盛り上げよう―と、「お友だち協定」の締結式が、1日午後2時15分から苫前町とままえ温泉ふわっとで行われた。お友だちのまちのイベントに出向いたり、お友だちと一緒に管外のイベントに参加するなど、ご当地キャラクターがスクラムを組んで管内をPRする。

 管内では平成27年度までは、初山別村と苫前町にご当地キャラクターが不在だったが、28年12月に初山別村に「しょさまる」、昨年1月に苫前町に「くまだとまお」が誕生。増毛町の「マーシーくん」、留萌市の「KAZUMOちゃん」、小平町の「おびまる」、羽幌町の「オロ坊」、遠別町の「モモちん」、天塩町の「てしお仮面」と管内全市町村にご当地キャラクターがそろった。

 協定は全市町村にゆるキャラが出そろったことで、お互いに協力しあって管内の魅力を多くの人に伝えるために、管内外のイベントやキャンペーンに出向いて盛り上げたり、31年度の高規格幹線道路深川留萌自動車道全線開通するPRするなど留萌地域の活性化を図る目的。    8体の着ぐるみや管内各市町村の首長が出席した締結式では、協定の調印に先立ちに立会人の松浦豊留萌振興局長が「苫前町の森利男町長の提案をきっかけに、各市町村長の思いが一つになって今日の締結に至った。管内は食の宝庫で景観も美しい。キラリと光る素晴らしい資源を持っているが、まだまだ知られていないのが現状。管内一丸となって、留萌地域の魅力を多くの人に伝えたい」とあいさつした。

 このあと、ゆるキャラに代わって8市町村長がお友だち協定書に署名し、8市町村長を代表して高橋定敏留萌市長が「留萌地域には自然、食の癒やしがたくさんある。その中でもそれぞれのまちの雰囲気を醸し出すキャラは何よりも素晴らしい癒やしの財産。そのキャラたちが連携して留萌地域の情報発信活動などを行うことで新しい風が吹く」と語り、ご当地キャラクターの前で8市長村長、松浦局長が固い握手を交わした。

 お友だち活動の第1弾として3、4の両日、留萌合同庁舎などでで開かれる「オロロンスノーパラダイス2018」の応援に、くまだとまお、しょさまるが出向く予定だ。

関連記事

苫小牧民報

日高自動車道 門別―厚賀IC、あす開通

 高規格道路・日高自動車道の日高門別インターチェンジ(IC)―日高厚賀IC区間(片側1車線、142キロ、通行無料)=日高町=が21日午後4時に開通する。日高道を使った同区間の車での移動は、従来の国...

根室新聞

北方領土遺産リスト集発行 3年間の発掘事業まとめる【根室】

 根室振興局は、戦後70年の平成27年から取り組み、3月末で終了した北方領土遺産発掘・継承事業を「北方領土遺産リスト集」として一冊にまとめ、200部を管内の教育機関や図書館等に配布する。一般向けには20...

根室新聞

最新の"フリーストール型搾乳ロボット牛舎"が完成【根室】

 市内湖南の㈱田中牧場(田中照義代表取締役)が建設を進めていた大型牛舎が竣工し、19日に見学会が行われた。最新設備を導入したフリーストール型搾乳ロボット牛舎で、省力化と飼養管理の強化を図って規模...

日高報知新聞

ピュアマルシェ閉店

【新ひだか】静内御幸町2の町有施設「ピュア」1階で平成28年9月から営業していた食品スーパー「ピュアマルシェ」と軽食・喫茶店「ピュアカフェ」が5月2日で閉店することが分かった。後継店舗は決まっておら...

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。  畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラ...