北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

現地応援は過酷日程

 韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックは、現地で応援する人々にとって過酷な日程が待ち受けている。浦河町出身のウイリアムソン師円選手(22)と小田卓朗選手(25)の出場競技に浦河町から出向いて現地観戦する応援団は、種目によっては競技終了時間が午後11時ごろのため、それから200㌔以上離れたソウルのホテルに3時間以上かけバスで戻ると、宿到着は深夜になる強行軍だ。

 町出身2選手の現地応援団は、浦河協賛会関係者や選手家族らが2陣に分かれ(選手家族の一部は別日程)現地に出向く。

 両選手が出場する13日午後8時からの1500㍍に合わせた第1陣(12~14日)に池田拓町長を含め総勢12人、21日から24日にかけ両選手出場の計3種目に合わせた第2陣(21~25日)に総勢14人の延べ26人が応援予定だ。

 スケート会場は平昌からさらに車で30分ほどかかる東海岸寄りの江陵(カンヌン)。オリンピック会場周辺には一般向けの宿泊ホテルが少なく、料金も高額なため、ツアーが組みやすいソウルを宿に高速バスや鉄道で移動する観戦者が多いという。

 日本と韓国の時差はないが、放送権料の半分を占める大スポンサーの米国の影響が大きく、競技の大半は北米時間帯に合わせた午前や夜遅い時間帯に集中。このためスピードスケート競技も午後10時、11時ごろの終了になっている。

 深夜1時や2時のソウル到着は通常の運行予定時刻。大雪や荒天、混雑による渋滞などがあればさらに遅くなり、朝方にホテルに着く可能性もあり、応援観戦も体力勝負となりそうだ。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...