北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

現地応援は過酷日程

 韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックは、現地で応援する人々にとって過酷な日程が待ち受けている。浦河町出身のウイリアムソン師円選手(22)と小田卓朗選手(25)の出場競技に浦河町から出向いて現地観戦する応援団は、種目によっては競技終了時間が午後11時ごろのため、それから200㌔以上離れたソウルのホテルに3時間以上かけバスで戻ると、宿到着は深夜になる強行軍だ。

 町出身2選手の現地応援団は、浦河協賛会関係者や選手家族らが2陣に分かれ(選手家族の一部は別日程)現地に出向く。

 両選手が出場する13日午後8時からの1500㍍に合わせた第1陣(12~14日)に池田拓町長を含め総勢12人、21日から24日にかけ両選手出場の計3種目に合わせた第2陣(21~25日)に総勢14人の延べ26人が応援予定だ。

 スケート会場は平昌からさらに車で30分ほどかかる東海岸寄りの江陵(カンヌン)。オリンピック会場周辺には一般向けの宿泊ホテルが少なく、料金も高額なため、ツアーが組みやすいソウルを宿に高速バスや鉄道で移動する観戦者が多いという。

 日本と韓国の時差はないが、放送権料の半分を占める大スポンサーの米国の影響が大きく、競技の大半は北米時間帯に合わせた午前や夜遅い時間帯に集中。このためスピードスケート競技も午後10時、11時ごろの終了になっている。

 深夜1時や2時のソウル到着は通常の運行予定時刻。大雪や荒天、混雑による渋滞などがあればさらに遅くなり、朝方にホテルに着く可能性もあり、応援観戦も体力勝負となりそうだ。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...