北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

現地応援は過酷日程

 韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックは、現地で応援する人々にとって過酷な日程が待ち受けている。浦河町出身のウイリアムソン師円選手(22)と小田卓朗選手(25)の出場競技に浦河町から出向いて現地観戦する応援団は、種目によっては競技終了時間が午後11時ごろのため、それから200㌔以上離れたソウルのホテルに3時間以上かけバスで戻ると、宿到着は深夜になる強行軍だ。

 町出身2選手の現地応援団は、浦河協賛会関係者や選手家族らが2陣に分かれ(選手家族の一部は別日程)現地に出向く。

 両選手が出場する13日午後8時からの1500㍍に合わせた第1陣(12~14日)に池田拓町長を含め総勢12人、21日から24日にかけ両選手出場の計3種目に合わせた第2陣(21~25日)に総勢14人の延べ26人が応援予定だ。

 スケート会場は平昌からさらに車で30分ほどかかる東海岸寄りの江陵(カンヌン)。オリンピック会場周辺には一般向けの宿泊ホテルが少なく、料金も高額なため、ツアーが組みやすいソウルを宿に高速バスや鉄道で移動する観戦者が多いという。

 日本と韓国の時差はないが、放送権料の半分を占める大スポンサーの米国の影響が大きく、競技の大半は北米時間帯に合わせた午前や夜遅い時間帯に集中。このためスピードスケート競技も午後10時、11時ごろの終了になっている。

 深夜1時や2時のソウル到着は通常の運行予定時刻。大雪や荒天、混雑による渋滞などがあればさらに遅くなり、朝方にホテルに着く可能性もあり、応援観戦も体力勝負となりそうだ。

関連記事

室蘭民報

映画・モルエラニの霧の中完成間近「協力お願い」【西胆振】

 室蘭を中心とした西胆振を舞台に撮影中のオムニバス映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の資金調達や撮影協力を担う市民団体・NPO法人室蘭映画製作応援団が、年内の映画完成に向けてキャンペー...

室蘭民報

「ワニワニクラブ」のうどん給食が親子に大好評【室蘭】

 室蘭市輪西町のぷらっと・てついち内の子育て支援施設・ワニワニクラブのうどん給食が21日、同施設で振る舞われ、だしの効いたつゆに具だくさんのうどんが、親子に大好評だった。  施設を運営するN...

函館新聞

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上【函館】

 函館バス(森健二社長)は3月15日、路線バスの運行情報を検索できるサービス「バスロケーションシステム」を一新する。多言語化を実現し、増加する外国人観光客に対応。バスの到着予測時間の正確性を高め...

函館新聞

函水高、海や船テーマの新聞コンテストで準最高賞【函館・北斗】

 函館水産高校(野呂俊夫校長)1年の真酒谷隼斗君(16)と坂田和希君(16)が、海や船をテーマにした新聞を対象とした2017年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」の中学生・高校生部門で、...

日高報知新聞

子どもたちの安全に!

【日高】日高町危険物安全協会は19日、児童が不審者に遭遇した時に役立つ「緊急ホイッスルライト」を町内5校の全小学校児童594人分を寄贈した。  町教委教育長室を訪れた沢元彦安全協会長は「子どもたち...