北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

連日雪かき高齢者悲鳴 市の除雪サービスに課題も【函館】

雪が舞う中で雪かきをする高齢者(6日午前11時ごろ、函館市谷地頭町)

 1月中旬からまとまった降雪が相次ぎ、今冬の累積降雪量(6日現在)が平年の1・5倍の389センチ、最深積雪は観測史上5番目に多い78センチ(6日)に達している函館市内では、市民がほぼ連日除雪に追われている。特に高齢化率が高い西部地区の住民からは「もう限界だ」と悲鳴が上がる。函館市は、高齢者や身体障害者のみで構成される世帯など対象に、外出時の通路を確保する除雪サービスを無料で行っているが、実施日時や範囲が限られ、ニーズに合った対応が課題となっている。

 「今日の雪かきはこれで3回目。休みながらやらないと、体が持たない」―。大雪に見舞われた6日午前、谷地頭町で一人暮らしの小室隆一郎さん(83)は、くたびれた様子で話した。

 市がまとめた1月末時点の住民基本台帳によると、同町の老年人口(65歳以上)の割合は45・6%で、全市平均を11・7ポイント上回る。小室さんによると、近所でも独居老人は多いという。

 人口の過半数が65歳以上の住吉町で、病気がちの夫と暮らす無職の女性(74)はこの日、除雪作業をしながら「湿り雪で体にこたえる。雪かきで私も倒れそう」とこぼした。

 市は高齢者や体に障害のある人を対象に、業者に委託して除雪サービスを実施している。自力で除雪ができず、親族や知人が近くにいないことなどが条件。毎年、地域包括支援センターなどで登録が必要で、家庭訪問などを経て市が利用者を決定する。

 20年以上前からあるサービスだが、本年度の登録は全市で500件程度にとどまる。広報誌「市政はこだて」などで周知はしているが、市保健福祉部高齢福祉課は「PR不足もある」とする。

 市の除雪車の稼働日に行われるため、大雪の日でも作業は翌日以降となることがほとんど。時間指定はできず、範囲は玄関先から道路までの通路で、一人が通れる幅に限られる。同課によると、「もっと早く来てほしい」「他の場所も除雪してほしい」といった要望の声が寄せられたこともあるという。

 サービスは福祉除雪とも呼ばれ、他都市では民間の事業者が行う除雪料金の一部を補助する制度などがある。市内には有料で除雪を行う事業所が約30社あり、作業員1人に付き、1時間当たり3000円程度で対応している。

 同課は「福祉サービスなので一定の限度があるが、他地区の事例もみながら、よりよいサービスを目指したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...

十勝毎日新聞

スモモワイン今年も 甘さと酸味の2種【更別】

 さらべつ産業振興公社(三好光幸社長)は昨年に続き、今年も村特産品のスモモの実を使ったワインを発売した。道の駅さらべつで扱っている。  発売したのは甘さを生かした「村民ワインすもも」(糖度26...

十勝毎日新聞

書院造り住居を民泊に 儀間さん夫妻【足寄】

 足寄町の地域おこし協力隊として昨年着任した儀間雅真さん(31)が、妻芙沙子さん(31)とともに「民泊」事業を始める。建物は築35年の書院造り。住宅街の中にひときわ異彩を放つ“隠れ家”的な宿となり...

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...