北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

連日雪かき高齢者悲鳴 市の除雪サービスに課題も【函館】

雪が舞う中で雪かきをする高齢者(6日午前11時ごろ、函館市谷地頭町)

 1月中旬からまとまった降雪が相次ぎ、今冬の累積降雪量(6日現在)が平年の1・5倍の389センチ、最深積雪は観測史上5番目に多い78センチ(6日)に達している函館市内では、市民がほぼ連日除雪に追われている。特に高齢化率が高い西部地区の住民からは「もう限界だ」と悲鳴が上がる。函館市は、高齢者や身体障害者のみで構成される世帯など対象に、外出時の通路を確保する除雪サービスを無料で行っているが、実施日時や範囲が限られ、ニーズに合った対応が課題となっている。

 「今日の雪かきはこれで3回目。休みながらやらないと、体が持たない」―。大雪に見舞われた6日午前、谷地頭町で一人暮らしの小室隆一郎さん(83)は、くたびれた様子で話した。

 市がまとめた1月末時点の住民基本台帳によると、同町の老年人口(65歳以上)の割合は45・6%で、全市平均を11・7ポイント上回る。小室さんによると、近所でも独居老人は多いという。

 人口の過半数が65歳以上の住吉町で、病気がちの夫と暮らす無職の女性(74)はこの日、除雪作業をしながら「湿り雪で体にこたえる。雪かきで私も倒れそう」とこぼした。

 市は高齢者や体に障害のある人を対象に、業者に委託して除雪サービスを実施している。自力で除雪ができず、親族や知人が近くにいないことなどが条件。毎年、地域包括支援センターなどで登録が必要で、家庭訪問などを経て市が利用者を決定する。

 20年以上前からあるサービスだが、本年度の登録は全市で500件程度にとどまる。広報誌「市政はこだて」などで周知はしているが、市保健福祉部高齢福祉課は「PR不足もある」とする。

 市の除雪車の稼働日に行われるため、大雪の日でも作業は翌日以降となることがほとんど。時間指定はできず、範囲は玄関先から道路までの通路で、一人が通れる幅に限られる。同課によると、「もっと早く来てほしい」「他の場所も除雪してほしい」といった要望の声が寄せられたこともあるという。

 サービスは福祉除雪とも呼ばれ、他都市では民間の事業者が行う除雪料金の一部を補助する制度などがある。市内には有料で除雪を行う事業所が約30社あり、作業員1人に付き、1時間当たり3000円程度で対応している。

 同課は「福祉サービスなので一定の限度があるが、他地区の事例もみながら、よりよいサービスを目指したい」としている。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...