北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

遺愛高2年生が吹き替えで性暴力被害防止訴える【函館】

真剣な表情で収録に臨む加藤さん(左)と奈良さん

 遺愛女子高校英語科2年生加藤花菜さん(16)と奈良彩花さん(17)が7日、性暴力被害防止を訴える米国アニメーション教材を口語訳で吹き替えるDVDの収録作業を函館市のスタジオで行った。道警函館方面本部からの依頼で、完成後は道南の学校に教材として配られる予定。

 昨年、道警函館方面本部の小笠原和美・前本部長が同校で講演した際に「ティー・コンセント」の英語版を上映。生徒たちのリアクションから英語力に感心し、同校に吹き替えの依頼をしたところ、加藤さんと奈良さんが手を挙げた。

 教材は「コンセント・フォー・キッズ」と姉妹作「ティー・コンセント」。若者にも伝わりやすい現代風の口語訳で、録音は同校卒業生である藤田道子社長の「ビデオ・ザ・キッド」がボランティアで協力。昨年11月に1回目の収録作業があった。

 「コンセント・フォー・キッズ」は「ハグしてもいい?」の質問に「いいよ以外の返事は、その人はハグが好きではないかも。無理やりいいよと言わせてもそれは本当の言葉じゃない」、「ティー・コンセント」では性交渉をお茶を飲みたいかに置き換え「意識がない人に無理やりお茶を飲ませるのもだめ」と、ともに「同意」について訴えている。

 加藤さんは「2回目の収録なので前より緊張しなかったが、言葉一つ一つのイントネーションに気を配るのが大変だった」と話し、奈良さんは「心を込めて吹き込んだので、多くの人に性交渉について考えるきっかけになってほしい」と収録を振り返った。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...