北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ビズカフェむろらんが新たな試み、肩肘張らず創業支援【室蘭】

初開催されたビズカフェむろらんで交流を図る参加者たち

 創業希望者や創業間もない事業者が横の連携を図るビズカフェむろらん(室蘭商工会議所主催)が9日夜、宮の森町の蓬らい殿で初開催され、参加者たちがビジネスプランや経営の悩みなどを話題に、懇親を深めた。悩みを同じくする人たちが気軽に集う場として、年4回程度の開催を計画している。

 商議所は近年、市と連携して創業支援に注力している。家賃や空き店舗補助事業、創業セミナーやスクール、各種相談事業を通じ、これまで飲食やサービスなど47件の創業に結び付けた。 

 ビズカフェは創業支援の新メニューで、参加者同士が「緩やかなつながり」を持つきっかけの場として開催し、情報交換による経営安定や創業促進、将来的な異業種連携による事業展開にも期待している。

 この日は創業5年未満の経営者や創業に関心がある10人に加え、金融や行政、メディアなどによる創業支援ネットワークメンバーら合わせて約20人が出席した。

 栗林和徳会頭が“先輩社長”の立場でスピーチ。「経営者の失敗は直接経営に影響し責任は大きいが、自分の判断で動かせる楽しみがある。人間にはいろいろなタイプがあるが、カラーや性格を経営に出していい。自分の道を信じて」と参加者を激励した。

 荒谷真一さんが「室蘭にはないものをやろうと、低料金の高級クラブ開業を予定している」、辻直人さんが「ドローンを使って風力発電ブレードの診断などを行う会社の立ち上げを計画している」などと、各自が自己紹介。食事を囲み、今後の抱負を語り合っていた。

 登録制で参加無料。9日現在18人が登録した。毎回90分で、企業経営者らを招いた話題提供、創業者によるスピーチ、情報交換会を組み込む計画。登録や問い合わせは室蘭商議所経営支援グループ、電話22局3196番へ。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...