北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別拠点のスノボチーム選手が成長し結果残す【登別】

今後の飛躍を誓うSIG―NATUREの川浪、宮武、地下、本間、七崎(左から、チーム提供)

 登別市が拠点のスノーボードチーム「SIG―NATURE」(宮武和弘代表)の活動が活発だ。プロも参戦して1月に行われた「ブラックパールカップ@登別サンライバ」のデュアルスラローム(回転)では、ヘッドコーチの宮武祥子(プロ)が優勝、ジャイアントスラローム(大回転)でも宮武を含む2人が入賞、チームが活気づいている。

 チーム結成は2016年(平成28年)8月。宮武代表と五輪出場を断念したヘッドコーチの宮武祥子がジュニア育成を目指して立ち上げた。レッスン構成は、競技者やジュニアアスリートの育成を目指す「アスリートチーム」、競技人口の拡大を狙う「フリーレッスン」、目的ゲート練習環境の拡大・提供を掲げる「フリーゲート」。現在は小学生から高校生まで女子3人、男子1人が所属。プロ活動を続ける宮武祥子ヘッドコーチらの指導を受けている。

 アジアの各国協会公認のプロスノーボーダーで構成する「PSA ASIA」公認のスノーボード大会「ブラックパールカップ@登別サンライバ」は1月13、14日、サンライバスキー場で行われた。道内では十数年ぶりに開かれたプロ大会だった。

 SIG―NATUREの成績を見ると、デュアルスラローム女子では宮武祥子が優勝。地下綾音(石狩・花川南小6年)が6位に入賞した。七崎凛帆(水元小5年)も13位に食い込んだ。ジャイアントスラローム女子でも宮武祥子が3位、地下が4位と活躍。クロスが専門の川浪里奈(室蘭東翔高2年)もクロスの板で9位と気を吐いた。七崎も14位に飛び込み、将来性をアピールした。

 宮武は2月10日に黒姫高原スノーパーク(長野県)で行われた大会のデュアルスラロームでも優勝、サンライバに続いて2連覇を飾った。

 また唯一の男子、本間詠吉(みなと小6年)もテストライダーを務めるなど、プロ戦を盛り上げた。

 宮武代表は「サンライバでは小学生が上位に入賞するなど、プロ戦でいい結果が出た」と笑み。今後の競技の普及とチーム力アップに自信も見せる。チームが見据えるのは2022年の冬季北京五輪。宮武代表も「北京に向けて、選手が育っていけばいい」と話している。

 レッスンやチームについての詳細は宮武祥子ヘッドコーチ、携帯090・9438・2277へ。

デュアルスラロームで優勝した宮武祥子とチーム最年少で奮闘する七崎(上から、チーム提供)

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...