北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別拠点のスノボチーム選手が成長し結果残す【登別】

今後の飛躍を誓うSIG―NATUREの川浪、宮武、地下、本間、七崎(左から、チーム提供)

 登別市が拠点のスノーボードチーム「SIG―NATURE」(宮武和弘代表)の活動が活発だ。プロも参戦して1月に行われた「ブラックパールカップ@登別サンライバ」のデュアルスラローム(回転)では、ヘッドコーチの宮武祥子(プロ)が優勝、ジャイアントスラローム(大回転)でも宮武を含む2人が入賞、チームが活気づいている。

 チーム結成は2016年(平成28年)8月。宮武代表と五輪出場を断念したヘッドコーチの宮武祥子がジュニア育成を目指して立ち上げた。レッスン構成は、競技者やジュニアアスリートの育成を目指す「アスリートチーム」、競技人口の拡大を狙う「フリーレッスン」、目的ゲート練習環境の拡大・提供を掲げる「フリーゲート」。現在は小学生から高校生まで女子3人、男子1人が所属。プロ活動を続ける宮武祥子ヘッドコーチらの指導を受けている。

 アジアの各国協会公認のプロスノーボーダーで構成する「PSA ASIA」公認のスノーボード大会「ブラックパールカップ@登別サンライバ」は1月13、14日、サンライバスキー場で行われた。道内では十数年ぶりに開かれたプロ大会だった。

 SIG―NATUREの成績を見ると、デュアルスラローム女子では宮武祥子が優勝。地下綾音(石狩・花川南小6年)が6位に入賞した。七崎凛帆(水元小5年)も13位に食い込んだ。ジャイアントスラローム女子でも宮武祥子が3位、地下が4位と活躍。クロスが専門の川浪里奈(室蘭東翔高2年)もクロスの板で9位と気を吐いた。七崎も14位に飛び込み、将来性をアピールした。

 宮武は2月10日に黒姫高原スノーパーク(長野県)で行われた大会のデュアルスラロームでも優勝、サンライバに続いて2連覇を飾った。

 また唯一の男子、本間詠吉(みなと小6年)もテストライダーを務めるなど、プロ戦を盛り上げた。

 宮武代表は「サンライバでは小学生が上位に入賞するなど、プロ戦でいい結果が出た」と笑み。今後の競技の普及とチーム力アップに自信も見せる。チームが見据えるのは2022年の冬季北京五輪。宮武代表も「北京に向けて、選手が育っていけばいい」と話している。

 レッスンやチームについての詳細は宮武祥子ヘッドコーチ、携帯090・9438・2277へ。

デュアルスラロームで優勝した宮武祥子とチーム最年少で奮闘する七崎(上から、チーム提供)

関連記事

日高報知新聞

藤本蓮さん(静高2年)が全国へ【新ひだか】

【新ひだか】北海道高文連の第52回全道高等学校書道展が3~5日、室蘭市体育館で開かれ、静内高2年の藤本蓮さん(17)が来年7月に佐賀県で開催の全国総文祭に出場する推薦候補者に選出された。坪朝陽さん...

日高報知新聞

全国名門農家抑えトップに【新ひだか】

【新ひだか】11日から15日にかけ東京食肉市場で開かれた「第47回全畜連肉用牛枝肉共進会」で、みついし和牛肥育組合長の畑端博志さん(63)=三石本桐=の出品牛が最優秀賞を受賞した。全国一の牛を生産した...

苫小牧民報

厚真などで研究者ら合同調査 胆振東部地震の大規模地滑り現場

 18日午前、道内外の研究者でつくる調査団30人は、厚真町役場から北東に直線で9キロ離れた幌内神社から山奥へ数キロ進み、大規模な山腹崩壊の現場から調査を開始。同町の学芸員らも同行した。  甚大...

苫小牧民報

ファイターズカフェ開業 球団、道産食材アピール-新千歳

 プロ野球北海道日本ハムファイターズは19日、新千歳空港国内線ターミナルビル3階で初の直営カフェレストラン「FIGHTERS DINING ROSTER(ファイターズ・ダイニング・ロスター)」を...

十勝毎日新聞

おあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶【陸別】

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。  コーヒー味は...