北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

新留萌市長に中西俊司氏

当選を決め、家族とともに万歳して勝利を喜ぶ中西氏(中央)

 向こう4年間の市政を託す留萌市長選挙は、25日に投票が行われた。即日開票の結果、前留萌市副市長で新人の中西俊司氏(61)=無所属=が6784票を獲得。5904票だった元NHK記者で新人の庄司清彦氏(53)=無所属=を制して初当選を果たした。マチの経済界を二分して繰り広げられた激戦は、880票という僅差による決着となった。

 留萌市長選挙は、平成10年以来20年ぶりの一騎打ちによる選挙戦として市民の注目を集めた。中西氏は昨年12月の出馬表明後、後援会活動を開始。市内各地をくまなく回りながら①市民の生活力向上で留萌を元気に②稼げる留萌への基盤づくり③市民の安心を確実に届ける―を掲げて訴えてきた。  中西氏は、現職の高橋定敏氏の下で2期8年の副市長としての実績を強調。1次産業新規就労者の支援、観光マチおこしの促進、医療・福祉・介護の充実などを訴え、若手会社経営者や市職員OBらの支持を獲得し、着実に票を固めた。

 庄司氏は、報道記者としてさまざまな取材をしてきた経験を生かして「留萌一新」、「心ひとつに新たなまちづくり」を強調。総合計画の見直し、海水浴場のアミューズメントビーチ化、農業生産物のブランド化などを訴えたが及ばなかった。

 初当選を果たした中西氏の開運町1丁目にある選対本部事務所には、午後8時前から支持者が集まり勝利の瞬間を待った。「やることはやった。後は開票を待つだけ」と選対関係者。支持者は落ち着いた雰囲気で開票の経過を見守った。

 午後9時半、同10時の開票で中間報告がされると、同票の接戦に緊張しながらも拍手が起こった。同10時半過ぎ、最終結果が発表されて当選が確定すると、大きな拍手と歓声が沸き起こった。数分後、中西氏が郁子夫人とともに事務所に姿を見せると、一気にボルテージが上がって興奮がピークに達し、中西氏は支持者と握手を交わし、孫の後藤優和ちゃん(4)から花束を贈られて笑顔を見せた。

 兜克己選対本部長が「多くの皆さんの力で中西市長が誕生した。留萌のため、市民のために働いてくれると確信している。皆さんの支援と協力に感謝している」とあいさつ。

 中西氏は、感無量の様子で「チーム中西の皆さん本当にありがとう。皆さんの力でここまで来られた」と感謝し、「市政のため、皆さんの熱い思いを受けて、十分期待に応えて頑張りたい。留萌市はもとより、管内を含めてもっともっと、みんなが住んでいて良かったと思えるマチにしたい」と決意を新たにした。

 神谷裕衆議、管内8市町村、旭川市、宗谷管内沼田町の首長らが祝辞を述べ、勝利のダルマにVサインを入れたあと、支持者と万歳三唱を何度も繰り返した勝利に酔いしれた。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...