北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

師円・卓朗選手 感動をありがとう!

 浦河町総合文化会館3階ふれあいホールで24日夜、平昌五輪男子マススタートに出場したウイリアムソン師円選手(22)=日本電産サンキョー、浦河第二中出身=の今大会最後のパブリックビューイング「ふるさと応援会」(同協賛会主催)が開かれ、町民ら120人が入場し大声援を送った。

 オープニングでは師円選手の幼少期から現在までをスクリーンに映し出し、現地の師円選手から「マススタート頑張ります」と会場にメッセージが寄せられた。

 師円選手の母、啓子さん(54)と祖母、福士由紀子さん(79)は、浦河スケート協会の小林孝範会長らとともに必勝のはちまき、オリジナルTシャツ、スティックバルーンなどで応援に万全を期した。

 会場内の応援の雰囲気が盛り上がった午後8時45分、1回戦1組目(12人出場中8人が決勝進出)で師円選手が登場すると、選手紹介に大声援、スタート時には固唾を呑んで号砲を待った。師円選手が映し出される度にスティックバルーンを打ち鳴らし、ゴールの瞬間は「いけー!」と叫んだ。

 師円選手はポイントが奪える4周目、8周目、12周目では前に出なかったが、最後のゴールで3位に入り、20点を獲得して決勝へ。

 午後10時にスタートした16人出場の決勝では、ラスト勝負で前に出て6位でゴール。しかし、中間ポイントを獲得できなかったため、11位に終わった。

 レースを終え、祖母の由起子さんは、「一生懸命やっていたので、褒めてあげてください」とねぎらい、母の啓子さんは「力を出せなかった4年前のソチ五輪から4年間メダルを目指して頑張ってきた。今回は周りの雰囲気にも呑まれず、心が強くなり成長を感じられた。良い五輪になった」と話していた。

 レース後、池田拓町長は計3回開いたふるさと応援会の閉会に当たり「師円と卓朗に感謝したい。2人には元気と勇気をもらった。2人とも5位入賞の成績を残してくれた」とあいさつ。最後は入場者全員で2人に「ありがとう」と声をそろえた。

レースを終えて師円、小田両選手の健闘をた たえる入場者たち

関連記事

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

函館新聞

函館の前田、稲岡さん、トライアスロン世界選手権に出場【函館】

 函館トライアスロンクラブの前田紀幸さん(60)=NTT東日本北海道勤務=と稲岡正己さん(67)=函館五稜郭病院医師=が、5月4日にスペイン・ポンテベドラで開かれる「2019ITU世界ロングディ...

函館新聞

クイーン・エリザベス初寄港 遺愛高生が演奏披露【函館】

 世界的に有名な英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(9万901トン)が21日、函館港港町埠頭(ふとう)に入港した。道内初寄港で、今年で開港160年を迎えた函館港の歴史に新たなページを刻んだ。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス