北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

師円・卓朗選手 感動をありがとう!

 浦河町総合文化会館3階ふれあいホールで24日夜、平昌五輪男子マススタートに出場したウイリアムソン師円選手(22)=日本電産サンキョー、浦河第二中出身=の今大会最後のパブリックビューイング「ふるさと応援会」(同協賛会主催)が開かれ、町民ら120人が入場し大声援を送った。

 オープニングでは師円選手の幼少期から現在までをスクリーンに映し出し、現地の師円選手から「マススタート頑張ります」と会場にメッセージが寄せられた。

 師円選手の母、啓子さん(54)と祖母、福士由紀子さん(79)は、浦河スケート協会の小林孝範会長らとともに必勝のはちまき、オリジナルTシャツ、スティックバルーンなどで応援に万全を期した。

 会場内の応援の雰囲気が盛り上がった午後8時45分、1回戦1組目(12人出場中8人が決勝進出)で師円選手が登場すると、選手紹介に大声援、スタート時には固唾を呑んで号砲を待った。師円選手が映し出される度にスティックバルーンを打ち鳴らし、ゴールの瞬間は「いけー!」と叫んだ。

 師円選手はポイントが奪える4周目、8周目、12周目では前に出なかったが、最後のゴールで3位に入り、20点を獲得して決勝へ。

 午後10時にスタートした16人出場の決勝では、ラスト勝負で前に出て6位でゴール。しかし、中間ポイントを獲得できなかったため、11位に終わった。

 レースを終え、祖母の由起子さんは、「一生懸命やっていたので、褒めてあげてください」とねぎらい、母の啓子さんは「力を出せなかった4年前のソチ五輪から4年間メダルを目指して頑張ってきた。今回は周りの雰囲気にも呑まれず、心が強くなり成長を感じられた。良い五輪になった」と話していた。

 レース後、池田拓町長は計3回開いたふるさと応援会の閉会に当たり「師円と卓朗に感謝したい。2人には元気と勇気をもらった。2人とも5位入賞の成績を残してくれた」とあいさつ。最後は入場者全員で2人に「ありがとう」と声をそろえた。

レースを終えて師円、小田両選手の健闘をた たえる入場者たち

関連記事

苫小牧民報

女性自衛官候補生訓練公開 4月入隊組、笑顔で25キロ踏破

 陸上自衛隊の北部方面混成団(本部・東千歳、井上一団長)は23日、4月に入隊した女性自衛官候補生の教育訓練を、同混成団の後援会(入口博美会長)などに公開した。候補生140人が北海道大演習場(北大...

苫小牧民報

樽前山噴火での通信インフラ被害を想定 NTT東日本道事業部と陸自北部方面..

 樽前山の噴火により通信インフラに大きな被害が出たとの想定で、NTT東日本北海道事業部と陸上自衛隊北部方面隊が23日、苫小牧市若草町の中央公園で、共同防災演習を行った。関係者約300人が参加。通...

十勝毎日新聞

アスパラ 今年は豊作 収穫ピーク 商戦も活気【音更】

 さわやかな春の日差しを浴びたアスパラガスの収穫が、十勝管内の農家でピークを迎えている。2016年の台風の影響から昨年産は作柄が振るわなかったが、今年は真っすぐ伸びた形のいいアスパラが多く、「...

十勝毎日新聞

音更ら~麺組合が発足 町産素材の麺 9店でPR【音更】

 音更産の小麦とブロッコリーを使ったオリジナル麺「音更ら~麺」のブランド化などを目指す「音更ら~麺組合」(阿部利徳組合長、9店)が23日、設立された。町内で料飲業界の組合が設立されたのは初めて...

十勝毎日新聞

寺に幻想的ヨガ空間 光と音の演出導入 十勝山永祥寺【帯広】

 映像を投影するプロジェクションマッピングを導入した「お寺ヨガ」が23日夜、帯広市内の十勝山永祥寺(西3南3、織田秀道住職)の本堂で行われた。揺らめく光に彩られた神秘的空間で、参加者が静かな気...