北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「次世代のために今」

【新ひだか】4月10日告示、同15日投開票の町長選挙への候補者擁立に向けた「より良い街づくりを考える会」(田中裕之発起人代表)の設立総会が24日、静内吉野町1の事務所で開かれ、発起人が約50人の出席者に会の設立への思いなどを語った。

 同会は、静内、三石両町の合併から10年経過を検証し、町民の声や行政の見える化、説明責任を「街づくりの基本」、リーダーの健康管理、みなぎる気力を「健康と気力」、町民の安全確保、時代を読む、基幹産業の充実を「最優先政策」と位置付け、発起人10人が集って設立。

 町長選への出馬を表明している現職の酒井芳秀氏(73)に対し、対抗馬として旧静内町出身の道農政部職員(59)の出馬を打診している。

 発起人代表の田中さんは町内の魅力ある自然や特産物、人的資源を紹介し、「新ひだか町には他の市町村にはない素晴らしい材料がいっぱいある。問題はこの材料をどのように料理するかで、新ひだか町を料理する新しい感覚のシェフが必要」とし、「安心で安全でおいしくいただける新ひだか町をつくるシェフを探さなければならない。次世代のために今、何をすべきかをもう一度考えて」と呼び掛けた。

 続いて、発起人の藤沢澄雄道議は「正直言って選挙を望んでいたわけではない。私がこういう場面に立つことは今の町政や町長を否定することになる。心苦しいが真に新ひだか町のことを考えたときに、そろそろ流れを変えなければならないとずっと考えてきた」と思いを話し、出馬を打診している道農政部職員について、「道議会でも1期のころから顔見知りで世話になった。一緒にホッカイドウ競馬復活のために頑張ってきた人。同僚の道議からも世話になったという話や道庁OBも応援してくれると言ってくれた」と紹介した。

 最後に、発起人の西村和夫さんが大雪被害時における町の対応の遅さを指摘し、「除雪作業も行政主導ではなかった。危機管理は後に考えることではなくて、その状況の中で考えること。前はもっと行動力があったはずなのに、最近はなぜこういうことが多いのか」と疑問を呈し、「より良いまちづくりに賛同された方が出席されたと思うので、未来あるまちづくりを皆さんと一緒にやっていきたい」と話した。

 同会によると、道農政部職員の了解が得られ次第、3月初旬に出馬表明、同10日前後に後援会設立と事務所開きを予定している。

より良い街づくりへの思いを話す発起人代表の田中さん

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...