北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

全道給食コンクール 北斗の味が最優秀賞【北斗】

最優秀賞の表彰状を手に成果を喜ぶ小島栄養教諭

 道教委と道学校給食会がこのほど行った2017年度北海道学校給食調理コンクールで、北斗市の第1学校給食共同調理場(高田剛所長)の献立が最優秀賞に選ばれた。市の代表的な特産品のホッキをはじめ、海産物や野菜をバランスよく使った和食の献立を出品し、高評価を得た。渡島管内からの最優秀賞は14年度の函館亀田中学校、昨年度の七飯町学校給食センターに続く3組目。

 「地場産物を活用したわが校自慢の学校給食メニュー」と題して昨年10月に募集し、道内9団体が応募。書類審査を通過した同調理場など4団体が1月12日の最終審査(札幌)に臨んだ。それぞれが1時間半の制限時間で10食分を調理。審査員が味や調理状況、食育指導の内容などを総合的に審査した。

 同調理場は久根別小学校の小島彰恵栄養教諭(25)と調理員2人のチームでコンクール初挑戦。ホッキとジャガイモを使って新たに考案したおかず「ほっきのじゃが煮」に、「昆布の油炒め」とサケやネギ、豆腐など具だくさんの「鮭汁」、道南産ブランド米「ふっくりんこ」で炊いたご飯と、すでにメニュー化されている3品と合わせて4品の献立を調理した。

 「北斗は海、山両方の食材に恵まれており、地場産物の良さが伝わるよう献立を考えた」と小島教諭。特に「ほっきの―」は具材をだし汁で煮た和風の味付けでホッキのうま味を引き出した一品で、プレゼンテーションでは、ホッキ漁の伝統的な突き漁で使う漁具(ヤス)を持参し、食育指導の内容を説明した。

 高田所長は「地場の食材を学校給食で積極的に使っており、取り組みが評価されたと受け止める」とし、小島教諭も「今回良い経験をさせてもらい、食育指導の励みになる。保護者や地域の人も給食について知り、子どもと一緒に話す機会が増えるとうれしい」と話している。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...