北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

全道給食コンクール 北斗の味が最優秀賞【北斗】

最優秀賞の表彰状を手に成果を喜ぶ小島栄養教諭

 道教委と道学校給食会がこのほど行った2017年度北海道学校給食調理コンクールで、北斗市の第1学校給食共同調理場(高田剛所長)の献立が最優秀賞に選ばれた。市の代表的な特産品のホッキをはじめ、海産物や野菜をバランスよく使った和食の献立を出品し、高評価を得た。渡島管内からの最優秀賞は14年度の函館亀田中学校、昨年度の七飯町学校給食センターに続く3組目。

 「地場産物を活用したわが校自慢の学校給食メニュー」と題して昨年10月に募集し、道内9団体が応募。書類審査を通過した同調理場など4団体が1月12日の最終審査(札幌)に臨んだ。それぞれが1時間半の制限時間で10食分を調理。審査員が味や調理状況、食育指導の内容などを総合的に審査した。

 同調理場は久根別小学校の小島彰恵栄養教諭(25)と調理員2人のチームでコンクール初挑戦。ホッキとジャガイモを使って新たに考案したおかず「ほっきのじゃが煮」に、「昆布の油炒め」とサケやネギ、豆腐など具だくさんの「鮭汁」、道南産ブランド米「ふっくりんこ」で炊いたご飯と、すでにメニュー化されている3品と合わせて4品の献立を調理した。

 「北斗は海、山両方の食材に恵まれており、地場産物の良さが伝わるよう献立を考えた」と小島教諭。特に「ほっきの―」は具材をだし汁で煮た和風の味付けでホッキのうま味を引き出した一品で、プレゼンテーションでは、ホッキ漁の伝統的な突き漁で使う漁具(ヤス)を持参し、食育指導の内容を説明した。

 高田所長は「地場の食材を学校給食で積極的に使っており、取り組みが評価されたと受け止める」とし、小島教諭も「今回良い経験をさせてもらい、食育指導の励みになる。保護者や地域の人も給食について知り、子どもと一緒に話す機会が増えるとうれしい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...