北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

全道給食コンクール 北斗の味が最優秀賞【北斗】

最優秀賞の表彰状を手に成果を喜ぶ小島栄養教諭

 道教委と道学校給食会がこのほど行った2017年度北海道学校給食調理コンクールで、北斗市の第1学校給食共同調理場(高田剛所長)の献立が最優秀賞に選ばれた。市の代表的な特産品のホッキをはじめ、海産物や野菜をバランスよく使った和食の献立を出品し、高評価を得た。渡島管内からの最優秀賞は14年度の函館亀田中学校、昨年度の七飯町学校給食センターに続く3組目。

 「地場産物を活用したわが校自慢の学校給食メニュー」と題して昨年10月に募集し、道内9団体が応募。書類審査を通過した同調理場など4団体が1月12日の最終審査(札幌)に臨んだ。それぞれが1時間半の制限時間で10食分を調理。審査員が味や調理状況、食育指導の内容などを総合的に審査した。

 同調理場は久根別小学校の小島彰恵栄養教諭(25)と調理員2人のチームでコンクール初挑戦。ホッキとジャガイモを使って新たに考案したおかず「ほっきのじゃが煮」に、「昆布の油炒め」とサケやネギ、豆腐など具だくさんの「鮭汁」、道南産ブランド米「ふっくりんこ」で炊いたご飯と、すでにメニュー化されている3品と合わせて4品の献立を調理した。

 「北斗は海、山両方の食材に恵まれており、地場産物の良さが伝わるよう献立を考えた」と小島教諭。特に「ほっきの―」は具材をだし汁で煮た和風の味付けでホッキのうま味を引き出した一品で、プレゼンテーションでは、ホッキ漁の伝統的な突き漁で使う漁具(ヤス)を持参し、食育指導の内容を説明した。

 高田所長は「地場の食材を学校給食で積極的に使っており、取り組みが評価されたと受け止める」とし、小島教諭も「今回良い経験をさせてもらい、食育指導の励みになる。保護者や地域の人も給食について知り、子どもと一緒に話す機会が増えるとうれしい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...