北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

松前の竹田さん、サクラ250種木札書きに励む【松前】

木札を書く竹田さん(松前公園管理事務所で)

 毎春、250種約1万本のサクラが咲き誇る松前公園で「松前花の会」会員の竹田勝治さん(75)が、今月初めからサクラの品種を示す木札書きに励んでいる。3月末までに550~600枚を書き上げ、雪解け後に取り付ける予定だ。

 竹田さんは町の元職員で、定年退職した2003年春から松前公園でごみ拾い活動を始めた。サクラに吊るされた木札の風化や落下が気にかかり、町商工観光課に相談したところ、「以前木札を書いていた人が高齢で引退した。竹田さんが代わりに書きませんか?」と提案を受けた。以来、「町のためになれば」という思いで、町からマツの木札の提供を受け、痛んだ札のかけ替えを行っている。

 「雨宿」「糸括」「関山」…さまざまなサクラの名前をペンキで一つひとつ丁寧に書き上げ「もともと書道の心得はなかったけれど、15年も書いていると上達しますね」とほほ笑む竹田さん。松前公園には「福寿桜」「関守」「優雅」など松前で育成されたものも数多く、そのようなサクラには「松前育成品種」の添え書きを施している。

 サクラの名前書きは、町内3小学校の6年生が卒業記念として取り組むまでに広がり、竹田さんが各校で指導に当たっている。子どもたちが書くのは松前公園で最も多いサクラ品種「南殿」で、裏面に自分の名前を書く。竹田さんは「さくらまつりで自分の書いた札を見にくる子どもも多く、いい記念になっていると思う。木札書きは体の続くかぎりやっていきたい」と話す。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...