北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別駅で実施したポーターサービスが着実に浸透【登別】

春節時期には留学生も加わりおもてなしをサポートした

 登別国際観光コンベンション協会と登別市が、中華圏の旧正月・春節など繁忙期に合わせ、JR登別駅で実施した手荷物運搬・ポーターサービスの実績がまとまった。40日間で大型荷物を約9千個運んだ。荷物の小型化などにより昨年実績と比べて若干減少したものの、市は「サービスは着実に浸透している。今年は専門学校生の協力を得られるなど、細かい対応ができた」と分析している。

 ポーターサービスは駅改札と乗降口の間で、大型のスーツケースなどを運ぶおもてなし事業。1月18日~2月26日の期間、同駅に到着する特急列車(一日最大12本)を対象に実施した。40日間で8933個を運んだ。前年比で約850個減と若干の減少。1日平均で約220個の計算。1日当たりの最大個数は2月21日の338個だった。

 扱い個数の変動要因は、春節に伴う大型連休初日の今月15日、降雪により列車がストップし100個に届かなかった。また、「市外の拠点エリアに荷物を置いて、手ぶらや小型の荷物で訪れる観光客も多かった」と分析する。

 今回はおもてなしの向上に向けて、日本工学院北海道専門学校の留学生が通訳や運搬で協力したほか、登別ブランド推進協議会などが連携して名物の試食を用意するなど、地元を挙げて観光客のサポートに当たった。市は「専門学校生の協力は本当にありがたい。バス停の乗り降りや料金などを丁寧に説明してもらったことで、訪日客に喜ばれた」と振り返る。

 観光客の入り込みは2017年度(平成29年度)下期は入湯税ベースでみると、昨年9~12月の期間、前年比増で推移する順調さを見せ、年間入り込み400万人超えにも期待が高まっている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...