北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別駅で実施したポーターサービスが着実に浸透【登別】

春節時期には留学生も加わりおもてなしをサポートした

 登別国際観光コンベンション協会と登別市が、中華圏の旧正月・春節など繁忙期に合わせ、JR登別駅で実施した手荷物運搬・ポーターサービスの実績がまとまった。40日間で大型荷物を約9千個運んだ。荷物の小型化などにより昨年実績と比べて若干減少したものの、市は「サービスは着実に浸透している。今年は専門学校生の協力を得られるなど、細かい対応ができた」と分析している。

 ポーターサービスは駅改札と乗降口の間で、大型のスーツケースなどを運ぶおもてなし事業。1月18日~2月26日の期間、同駅に到着する特急列車(一日最大12本)を対象に実施した。40日間で8933個を運んだ。前年比で約850個減と若干の減少。1日平均で約220個の計算。1日当たりの最大個数は2月21日の338個だった。

 扱い個数の変動要因は、春節に伴う大型連休初日の今月15日、降雪により列車がストップし100個に届かなかった。また、「市外の拠点エリアに荷物を置いて、手ぶらや小型の荷物で訪れる観光客も多かった」と分析する。

 今回はおもてなしの向上に向けて、日本工学院北海道専門学校の留学生が通訳や運搬で協力したほか、登別ブランド推進協議会などが連携して名物の試食を用意するなど、地元を挙げて観光客のサポートに当たった。市は「専門学校生の協力は本当にありがたい。バス停の乗り降りや料金などを丁寧に説明してもらったことで、訪日客に喜ばれた」と振り返る。

 観光客の入り込みは2017年度(平成29年度)下期は入湯税ベースでみると、昨年9~12月の期間、前年比増で推移する順調さを見せ、年間入り込み400万人超えにも期待が高まっている。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...