北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ばん馬 江戸切り子に グラスセット発売【帯広】

 ばんえい競馬を支援する民間組織「NPO法人とかち馬文化を支える会」は新たなグッズとして、「ばん馬江戸切り子グラスセット」の販売を始めた。ばんえい唯一の女性調教師谷あゆみさん(51)の原画を基に、帯広市在住のグラスアーティスト寺島久美子さん(41)がサンドブラスト加工を施した。今春からは帯広市のふるさと納税返礼品に加わる予定。

新たに販売を始めた江戸切り子グラスセットと(左から)寺島さん、谷さん

 同NPOは、ばん馬の模様が入った手ぬぐい、のれん、合格祈願の蹄鉄(ていてつ)などをグッズとして販売している。切り子グラスも取り扱ってきたが、好評のため、より高品質なものをと今回の江戸切り子グラス作りに至った。

 図柄は以前も谷調教師の作画だったが、前作の塗りつぶしから今作は切り絵とし、たてがみの細部や馬の躍動感がより繊細に伝わるものとなった。谷調教師はもともと馬に関わる仕事と画家への夢を持ち、「馬の仕事をしていても絵は描ける」と調教師に。今回の切り絵についても「馬の仕事をしているからこそ、関節や細かな動きを正確に描けた」という。

 グラスを収納する貼箱には、縁起が良いとされる「左馬」の文字。これも谷調教師が手掛けた。

 グラスに絵柄を入れるサンドブラスト加工では、寺島さんの熟練の技術が光った。加工の工程はグラスに原画のフィルムシールを貼り、研磨剤を吹き付けてグラスを削るという流れ。研磨剤の吹き付けはガラスを削るほどの勢いのため、細かな線で表現するのは至難の業。「力加減が重要で、扱い方も丁寧さが求められる。砂でわずかでもこすれると表面や底に付くので、細心の注意を払った」(寺島さん)と話す。

 グラスは瑠璃色と赤色の2種類。2個1セットで2万4000円。同NPOの旋丸巴専務理事は「非常に手の込んだグラスに仕上がった。ばん馬をより身近に感じ、ばんえい競馬の応援グッズになれば」と話している。

 帯広競馬場内のショップ「リッキーハウス」やネットショップ「ばんばショップ」で取り扱っている。問い合わせは同NPO事務局(0155・67・6890)へ。

関連記事

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...

日高報知新聞

泥まみれでバイク疾走【日高】

【日高】自然の中に設定されコースでオフロードバイクの技術と耐久性を競う「ヒダカツーデイズエンデューロ」(実行委員会主催)が15、16の両日、沙流川温泉日高高原荘(富岡)を出発点に、林道などの特設コース...

苫小牧民報

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

苫小牧民報

小此木防災担当相ら政府調査団が被災地視察

 小此木八郎防災担当相を団長とする政府調査団が19日、胆振東部地震で被害の大きかった安平町と厚真町、むかわ町、札幌市を視察し、被災状況を確認した。  安平町では、校舎内に亀裂が入った早来中学校...

苫小牧民報

苫東厚真1号機が再稼働 節電要請を解除「安定的な運転可能に」

 北海道電力は19日、胆振東部地震の影響で損傷し、緊急停止している苫東厚真火力発電所(厚真町、総出力165万キロワット)の全3基のうち、1号機(35万キロワット)が同日午前9時に復旧し再稼働を開...