北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ばん馬 江戸切り子に グラスセット発売【帯広】

 ばんえい競馬を支援する民間組織「NPO法人とかち馬文化を支える会」は新たなグッズとして、「ばん馬江戸切り子グラスセット」の販売を始めた。ばんえい唯一の女性調教師谷あゆみさん(51)の原画を基に、帯広市在住のグラスアーティスト寺島久美子さん(41)がサンドブラスト加工を施した。今春からは帯広市のふるさと納税返礼品に加わる予定。

新たに販売を始めた江戸切り子グラスセットと(左から)寺島さん、谷さん

 同NPOは、ばん馬の模様が入った手ぬぐい、のれん、合格祈願の蹄鉄(ていてつ)などをグッズとして販売している。切り子グラスも取り扱ってきたが、好評のため、より高品質なものをと今回の江戸切り子グラス作りに至った。

 図柄は以前も谷調教師の作画だったが、前作の塗りつぶしから今作は切り絵とし、たてがみの細部や馬の躍動感がより繊細に伝わるものとなった。谷調教師はもともと馬に関わる仕事と画家への夢を持ち、「馬の仕事をしていても絵は描ける」と調教師に。今回の切り絵についても「馬の仕事をしているからこそ、関節や細かな動きを正確に描けた」という。

 グラスを収納する貼箱には、縁起が良いとされる「左馬」の文字。これも谷調教師が手掛けた。

 グラスに絵柄を入れるサンドブラスト加工では、寺島さんの熟練の技術が光った。加工の工程はグラスに原画のフィルムシールを貼り、研磨剤を吹き付けてグラスを削るという流れ。研磨剤の吹き付けはガラスを削るほどの勢いのため、細かな線で表現するのは至難の業。「力加減が重要で、扱い方も丁寧さが求められる。砂でわずかでもこすれると表面や底に付くので、細心の注意を払った」(寺島さん)と話す。

 グラスは瑠璃色と赤色の2種類。2個1セットで2万4000円。同NPOの旋丸巴専務理事は「非常に手の込んだグラスに仕上がった。ばん馬をより身近に感じ、ばんえい競馬の応援グッズになれば」と話している。

 帯広競馬場内のショップ「リッキーハウス」やネットショップ「ばんばショップ」で取り扱っている。問い合わせは同NPO事務局(0155・67・6890)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...

函館新聞

野外劇テーマ曲「星のまちHakodate」暁月さんが収録【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は、戊辰戦争終結150年を記念した事業として、野外劇のテーマソング「星のまちHakodate」のCDを制作する。19日には市芸術ホ...

函館新聞

春のバル街を満喫 西部地区、71店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が19日、同地区で開かれた。肌寒い天候にもかかわらず、多くの参加者が...