北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ばん馬 江戸切り子に グラスセット発売【帯広】

 ばんえい競馬を支援する民間組織「NPO法人とかち馬文化を支える会」は新たなグッズとして、「ばん馬江戸切り子グラスセット」の販売を始めた。ばんえい唯一の女性調教師谷あゆみさん(51)の原画を基に、帯広市在住のグラスアーティスト寺島久美子さん(41)がサンドブラスト加工を施した。今春からは帯広市のふるさと納税返礼品に加わる予定。

新たに販売を始めた江戸切り子グラスセットと(左から)寺島さん、谷さん

 同NPOは、ばん馬の模様が入った手ぬぐい、のれん、合格祈願の蹄鉄(ていてつ)などをグッズとして販売している。切り子グラスも取り扱ってきたが、好評のため、より高品質なものをと今回の江戸切り子グラス作りに至った。

 図柄は以前も谷調教師の作画だったが、前作の塗りつぶしから今作は切り絵とし、たてがみの細部や馬の躍動感がより繊細に伝わるものとなった。谷調教師はもともと馬に関わる仕事と画家への夢を持ち、「馬の仕事をしていても絵は描ける」と調教師に。今回の切り絵についても「馬の仕事をしているからこそ、関節や細かな動きを正確に描けた」という。

 グラスを収納する貼箱には、縁起が良いとされる「左馬」の文字。これも谷調教師が手掛けた。

 グラスに絵柄を入れるサンドブラスト加工では、寺島さんの熟練の技術が光った。加工の工程はグラスに原画のフィルムシールを貼り、研磨剤を吹き付けてグラスを削るという流れ。研磨剤の吹き付けはガラスを削るほどの勢いのため、細かな線で表現するのは至難の業。「力加減が重要で、扱い方も丁寧さが求められる。砂でわずかでもこすれると表面や底に付くので、細心の注意を払った」(寺島さん)と話す。

 グラスは瑠璃色と赤色の2種類。2個1セットで2万4000円。同NPOの旋丸巴専務理事は「非常に手の込んだグラスに仕上がった。ばん馬をより身近に感じ、ばんえい競馬の応援グッズになれば」と話している。

 帯広競馬場内のショップ「リッキーハウス」やネットショップ「ばんばショップ」で取り扱っている。問い合わせは同NPO事務局(0155・67・6890)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...

十勝毎日新聞

スモモワイン今年も 甘さと酸味の2種【更別】

 さらべつ産業振興公社(三好光幸社長)は昨年に続き、今年も村特産品のスモモの実を使ったワインを発売した。道の駅さらべつで扱っている。  発売したのは甘さを生かした「村民ワインすもも」(糖度26...

十勝毎日新聞

書院造り住居を民泊に 儀間さん夫妻【足寄】

 足寄町の地域おこし協力隊として昨年着任した儀間雅真さん(31)が、妻芙沙子さん(31)とともに「民泊」事業を始める。建物は築35年の書院造り。住宅街の中にひときわ異彩を放つ“隠れ家”的な宿となり...

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...