北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ばん馬 江戸切り子に グラスセット発売【帯広】

 ばんえい競馬を支援する民間組織「NPO法人とかち馬文化を支える会」は新たなグッズとして、「ばん馬江戸切り子グラスセット」の販売を始めた。ばんえい唯一の女性調教師谷あゆみさん(51)の原画を基に、帯広市在住のグラスアーティスト寺島久美子さん(41)がサンドブラスト加工を施した。今春からは帯広市のふるさと納税返礼品に加わる予定。

新たに販売を始めた江戸切り子グラスセットと(左から)寺島さん、谷さん

 同NPOは、ばん馬の模様が入った手ぬぐい、のれん、合格祈願の蹄鉄(ていてつ)などをグッズとして販売している。切り子グラスも取り扱ってきたが、好評のため、より高品質なものをと今回の江戸切り子グラス作りに至った。

 図柄は以前も谷調教師の作画だったが、前作の塗りつぶしから今作は切り絵とし、たてがみの細部や馬の躍動感がより繊細に伝わるものとなった。谷調教師はもともと馬に関わる仕事と画家への夢を持ち、「馬の仕事をしていても絵は描ける」と調教師に。今回の切り絵についても「馬の仕事をしているからこそ、関節や細かな動きを正確に描けた」という。

 グラスを収納する貼箱には、縁起が良いとされる「左馬」の文字。これも谷調教師が手掛けた。

 グラスに絵柄を入れるサンドブラスト加工では、寺島さんの熟練の技術が光った。加工の工程はグラスに原画のフィルムシールを貼り、研磨剤を吹き付けてグラスを削るという流れ。研磨剤の吹き付けはガラスを削るほどの勢いのため、細かな線で表現するのは至難の業。「力加減が重要で、扱い方も丁寧さが求められる。砂でわずかでもこすれると表面や底に付くので、細心の注意を払った」(寺島さん)と話す。

 グラスは瑠璃色と赤色の2種類。2個1セットで2万4000円。同NPOの旋丸巴専務理事は「非常に手の込んだグラスに仕上がった。ばん馬をより身近に感じ、ばんえい競馬の応援グッズになれば」と話している。

 帯広競馬場内のショップ「リッキーハウス」やネットショップ「ばんばショップ」で取り扱っている。問い合わせは同NPO事務局(0155・67・6890)へ。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...