北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農業王国 春近し ハウスの中、ビート苗作り【中札内】

 本格的な農作業シーズンを前に、十勝管内の畑作農家が砂糖の原料となるビートの苗作りを始めた。ビニールハウス内でビートの種子を発芽させ、ある程度生育した4月以降に畑に植え付ける。苗が春の強風に飛ばされたり、霜で枯れたりするリスクを減らす目的で、早春の苗作りは十勝農業の始まりを告げる風物詩となっている。

ピンクに色づけされた種子を次々と紙筒に入れる、ビートの苗作り作業(中札内村の鎌田農園)

 村共栄東4線の鎌田農園(鎌田和志代表)は今年、8ヘクタールの畑でビートを栽培する。27、28の両日、近隣の農家から委託された分を含め、約86万個の種子と土をペーパーポットと呼ぶ紙筒に詰め、苗を作った。家族と従業員の計10人で分担し、手際よくこなした。

 暖かいハウス内で、苗は1週間ほどで発芽する。順調なら、作った苗の9割以上を畑に植え付けられるという。鎌田代表は「発芽後にしっかり温度管理できるかが、畑に移植した後の生育を左右する」と話す。

 鎌田農園では昨年、ビートの生産量が過去最高となった。苗作りは収量の安定につながる半面、手間がかかるのも事実。人手不足から種子を畑に直播(ちょくはん)する農家が増えている。

 道農政部によると、昨年の管内のビート作付面積は2万5556ヘクタール。このうち、直播による作付けが全体の26%あった。

関連記事

苫小牧民報

女性自衛官候補生訓練公開 4月入隊組、笑顔で25キロ踏破

 陸上自衛隊の北部方面混成団(本部・東千歳、井上一団長)は23日、4月に入隊した女性自衛官候補生の教育訓練を、同混成団の後援会(入口博美会長)などに公開した。候補生140人が北海道大演習場(北大...

苫小牧民報

樽前山噴火での通信インフラ被害を想定 NTT東日本道事業部と陸自北部方面..

 樽前山の噴火により通信インフラに大きな被害が出たとの想定で、NTT東日本北海道事業部と陸上自衛隊北部方面隊が23日、苫小牧市若草町の中央公園で、共同防災演習を行った。関係者約300人が参加。通...

十勝毎日新聞

アスパラ 今年は豊作 収穫ピーク 商戦も活気【音更】

 さわやかな春の日差しを浴びたアスパラガスの収穫が、十勝管内の農家でピークを迎えている。2016年の台風の影響から昨年産は作柄が振るわなかったが、今年は真っすぐ伸びた形のいいアスパラが多く、「...

十勝毎日新聞

音更ら~麺組合が発足 町産素材の麺 9店でPR【音更】

 音更産の小麦とブロッコリーを使ったオリジナル麺「音更ら~麺」のブランド化などを目指す「音更ら~麺組合」(阿部利徳組合長、9店)が23日、設立された。町内で料飲業界の組合が設立されたのは初めて...

十勝毎日新聞

寺に幻想的ヨガ空間 光と音の演出導入 十勝山永祥寺【帯広】

 映像を投影するプロジェクションマッピングを導入した「お寺ヨガ」が23日夜、帯広市内の十勝山永祥寺(西3南3、織田秀道住職)の本堂で行われた。揺らめく光に彩られた神秘的空間で、参加者が静かな気...