北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

町や農協の協力に感謝

【新ひだか】2月の大雪でミニトマト用ビニールハウスが倒壊する被害を受けた静内東別地区の新規就農者6人が5日、酒井芳秀町長と西村和夫しずない農協組合長を訪れ、除雪や解体作業への町や農協職員の協力に感謝するとともに、復旧に向けた支援の継続を要望した。

 この日は、倒壊したハウスの骨組みのアーチ部分の解体がひと段落したことから、佐々木知彦さん、下園雄治さん、宮里剛さん、川田康介さん、山崎拓磨さん、菊地慶さんが役場静内庁舎としずない農協を訪れた。

 役場では、新規就農者を代表して佐々木さんが「このまま復旧まで順調にやっていきたいので、これからも助けていただくことがあると思うが、みんなで一生懸命動いていくので協力していただきたい」と話した。

酒井町長(左)と復旧について話す新規就農者

 酒井町長は「(倒壊した)ハウスの前に立った衝撃的な心境だったと思う。それでもまたとファイトを燃やしてくれていることが心強い」と話し、3月補正予算で重機のリース料などを助成する方針を示した。

 また、ハウスの再建については「町、農協、道、国の予算を組み合わせて、いろんな手法があると思うので検討していきたい。今後も全力を挙げて支援させてもらう」と述べた。

 しずない農協では、7日に道内農協関係者らと農林水産省や道内選出国会議員に中央陳情を行う西村組合長が「新規就農者は地域の跡継ぎと見ているので、健全に楽しく農業ができる環境を維持していくことが私たちの務め。金銭的な負担を軽減できるよう、最大限努力していきたい」と話し、今後の対応について意見交換した。最後に「みんなで応援しているということを後ろ盾にめげずに頑張って」と励ました。

西村組合長(左)と復旧に向けて意見交換する新規就農者

 新規就農者によると、今後はビニールや埋設しているパイプの撤去作業に取り掛かり、再建するハウスはパイプや柱の強度を高くしたり、間隔を狭くするなど災害に強くしたい考え。ただ、費用も多く掛かることから「2重債務の形になるのが不安で、苦しいところにある」と話している。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...