北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ササラ電車 現体制で過去最多の出動【函館】

記録的な降雪で、過去10年の3倍の出動となったササラ電車(2月6日)

 函館市企業局交通部がまとめた除雪用車両「ササラ電車」の本年度の出動回数は、2月末までで延べ36回となり、現在の2両体制となった2003年以降で過去最多となった。一方、今冬はでこぼこした車道を避けて軌道に車が入り込み、市電の運行に支障をきたすケースも多く発生。同部は市電の安全運行に向けて、市民やドライバーへの協力を呼び掛けている。

 記録的な降雪で、本年度フル回転するササラ電車は、昨年11月に初出動。00年以降で最も早い出番となり、これまでの稼働回数は、例年の約3倍となっている。ただ、今冬は湿った雪が多いため、竹製のブラシを高速回転させて除雪するササラ電車で対応できない日もあったという。

 軌道の除雪はササラ電車のほか、業者に委託し、線路と道路を両方走れるブラシ付きの「軌陸車」で未明を中心に実施。しかし、今年は日中の短時間に大雪が降る日もあり、2月6日は除雪が追い付かず、約8時間の営業運転中止を余儀なくされた。

 今冬、同部の頭を特に悩ませるのが、除雪後の軌道を通行する多くの車。悪化した車道の路面を避けた車が軌道に入り、レール上の雪を踏み固めてしまうことで電車が走りづらくなり、同日の運行障害の大きな要因となった。

 また、道路脇の排雪が追い付かず道幅が狭くなっているため、やむを得ず軌道にはみ出して通行する大型車両も多い。こうした影響で2月は連日、市電のダイヤに最大で20分の遅れが生じたといい、同部は「冬はダイヤに乱れが出るが、ここまで遅れが出るのは近年ではない」とする。

 幹線道路の除排雪は進み、渋滞は緩和されつつあるが、川村義浩交通部長は「冬場こそ公共交通が力を発揮する時であり、利用してほしい」と呼び掛ける。軌道の雪を車道に跳ね飛ばす除雪作業への苦情も多いというが、同部施設課は「ドライバーなど市民の皆さまの理解と協力をお願いしたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...