北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

でっかい!江差のニシンのぼり 11日に町民向けイベント【江差】

全長25メートルの巨大なニシンのぼりと江差北小の児童

 江差町がニシンをテーマに日本遺産に認定されたことを記念して、町が制作している「ニシンのぼり」の完成が間近に迫っている。すでに巨大な本体は出来上がり、5月にかもめ島でお披露目する予定。町内の小中学校で児童・生徒が手形とメッセージを書く作業が進んでいる。

 「江差の五月は江戸にもない」と言われた江差の5月を彩ろうと制作が進む。照井誉之介町長が町内の小学生と交流した際に「かもめ島に『こいのぼり』ではなく、巨大な『ニシンのぼり』があればいい」とのアイデアを受け、日本遺産認定を機に実現した。

 “巨大ニシン”の全長は約25メートル、背びれと腹びれを広げた体高は約5メートルで、黒青と銀色の魚体が光る。

 6日には町内学校の1番手として江差北小(藤森 祐子校長、児童76人)が作業し、児童らはニシンの腹の部分にビニール手袋を着けて手形を押し、「サッカーをがんばりたい」などの将来の夢や、「いつまでも残って江差町」「ニシンがたくさん取れますように」など町への思いを書き込んだ。同校の滝口竜貴君(5年)と山田琉生君(同)は「でっかくて驚いた。みんなの思いが詰まっているのでいろんな人に見てほしい」と話していた。

 町は11日午前10時から町文化会館で、一般町民らにもニシンのぼりに手形とメッセージを書き込んでもらう。町は「町民だけではなく、観光客や町外在住者にも参加してほしい」とし、「巨大ニシンが江差の空を無事に泳げるよう、みなさんの手形とメッセージで押し上げましょう」と参加を呼び掛けている。午後4時まで。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...