北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

でっかい!江差のニシンのぼり 11日に町民向けイベント【江差】

全長25メートルの巨大なニシンのぼりと江差北小の児童

 江差町がニシンをテーマに日本遺産に認定されたことを記念して、町が制作している「ニシンのぼり」の完成が間近に迫っている。すでに巨大な本体は出来上がり、5月にかもめ島でお披露目する予定。町内の小中学校で児童・生徒が手形とメッセージを書く作業が進んでいる。

 「江差の五月は江戸にもない」と言われた江差の5月を彩ろうと制作が進む。照井誉之介町長が町内の小学生と交流した際に「かもめ島に『こいのぼり』ではなく、巨大な『ニシンのぼり』があればいい」とのアイデアを受け、日本遺産認定を機に実現した。

 “巨大ニシン”の全長は約25メートル、背びれと腹びれを広げた体高は約5メートルで、黒青と銀色の魚体が光る。

 6日には町内学校の1番手として江差北小(藤森 祐子校長、児童76人)が作業し、児童らはニシンの腹の部分にビニール手袋を着けて手形を押し、「サッカーをがんばりたい」などの将来の夢や、「いつまでも残って江差町」「ニシンがたくさん取れますように」など町への思いを書き込んだ。同校の滝口竜貴君(5年)と山田琉生君(同)は「でっかくて驚いた。みんなの思いが詰まっているのでいろんな人に見てほしい」と話していた。

 町は11日午前10時から町文化会館で、一般町民らにもニシンのぼりに手形とメッセージを書き込んでもらう。町は「町民だけではなく、観光客や町外在住者にも参加してほしい」とし、「巨大ニシンが江差の空を無事に泳げるよう、みなさんの手形とメッセージで押し上げましょう」と参加を呼び掛けている。午後4時まで。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...