北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

でっかい!江差のニシンのぼり 11日に町民向けイベント【江差】

全長25メートルの巨大なニシンのぼりと江差北小の児童

 江差町がニシンをテーマに日本遺産に認定されたことを記念して、町が制作している「ニシンのぼり」の完成が間近に迫っている。すでに巨大な本体は出来上がり、5月にかもめ島でお披露目する予定。町内の小中学校で児童・生徒が手形とメッセージを書く作業が進んでいる。

 「江差の五月は江戸にもない」と言われた江差の5月を彩ろうと制作が進む。照井誉之介町長が町内の小学生と交流した際に「かもめ島に『こいのぼり』ではなく、巨大な『ニシンのぼり』があればいい」とのアイデアを受け、日本遺産認定を機に実現した。

 “巨大ニシン”の全長は約25メートル、背びれと腹びれを広げた体高は約5メートルで、黒青と銀色の魚体が光る。

 6日には町内学校の1番手として江差北小(藤森 祐子校長、児童76人)が作業し、児童らはニシンの腹の部分にビニール手袋を着けて手形を押し、「サッカーをがんばりたい」などの将来の夢や、「いつまでも残って江差町」「ニシンがたくさん取れますように」など町への思いを書き込んだ。同校の滝口竜貴君(5年)と山田琉生君(同)は「でっかくて驚いた。みんなの思いが詰まっているのでいろんな人に見てほしい」と話していた。

 町は11日午前10時から町文化会館で、一般町民らにもニシンのぼりに手形とメッセージを書き込んでもらう。町は「町民だけではなく、観光客や町外在住者にも参加してほしい」とし、「巨大ニシンが江差の空を無事に泳げるよう、みなさんの手形とメッセージで押し上げましょう」と参加を呼び掛けている。午後4時まで。

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...