北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

空自の2空団と救難隊が冬季水上保命訓練 生き残りのすべ学ぶ

凍える冷たさの千歳川で漂流訓練

 航空自衛隊千歳基地の第2航空団、千歳救難隊は7日、パイロットの冬季水上保命訓練を千歳川で行った。戦闘機などが真冬の海に不時着した想定の訓練で、飛行隊、救難隊のパイロット約20人が漂流を体感し、生き残りのすべを学んだ。

 同訓練は毎年、夏と冬に行っており、今回で39回目。戦闘機などで飛行中トラブルに遭ったパイロットが真冬の海に緊急脱出し、救命ボートに乗り込んで救助を待つ想定。支援隊を含めて約60人が参加し、ダイナックスアリーナ(市スポーツセンター)前の千歳川で行った。

 この日は時期の割に冷え込み、訓練開始の午前8時半すぎは、気温が氷点下6度、水温1度の厳しい条件。膝から腰ほどの深さがある川の中央部分に、救命ボートをロープで係留し、パイロットが4~5人ずつ4組に分かれ、1組につき30分間ずつ訓練した。

 パイロットは防水のつなぎなどに身を包んで川に入り、救命ボートに乗り込んで漂流を体験。指導役の支援隊員も川に陣取り、荒波を再現するためバケツで水を掛けたり、ボートを力ずくでひっくり返したり。凍えるような冷たさに耐えて訓練を繰り広げた。

 ボートのシールドという覆いが不十分だと、内側にどんどん水が入るため、何度も川に浸かる羽目になるパイロットも。指導役は「波もタイミングがある。落ち着いて」「流されると命取りになる」などと熱心にアドバイスしながら、心を鬼にして水を浴びせた。

 第203飛行隊の佐藤義徳2等空尉(28)は初めて同訓練を体験し、「思っていた以上に冷たい。手足が動かしづらく、顔の感覚もなくなった」と苦笑いし、「(訓練想定は現実に)ないことがいいが、非常に貴重な体験」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...