北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

空自の2空団と救難隊が冬季水上保命訓練 生き残りのすべ学ぶ

凍える冷たさの千歳川で漂流訓練

 航空自衛隊千歳基地の第2航空団、千歳救難隊は7日、パイロットの冬季水上保命訓練を千歳川で行った。戦闘機などが真冬の海に不時着した想定の訓練で、飛行隊、救難隊のパイロット約20人が漂流を体感し、生き残りのすべを学んだ。

 同訓練は毎年、夏と冬に行っており、今回で39回目。戦闘機などで飛行中トラブルに遭ったパイロットが真冬の海に緊急脱出し、救命ボートに乗り込んで救助を待つ想定。支援隊を含めて約60人が参加し、ダイナックスアリーナ(市スポーツセンター)前の千歳川で行った。

 この日は時期の割に冷え込み、訓練開始の午前8時半すぎは、気温が氷点下6度、水温1度の厳しい条件。膝から腰ほどの深さがある川の中央部分に、救命ボートをロープで係留し、パイロットが4~5人ずつ4組に分かれ、1組につき30分間ずつ訓練した。

 パイロットは防水のつなぎなどに身を包んで川に入り、救命ボートに乗り込んで漂流を体験。指導役の支援隊員も川に陣取り、荒波を再現するためバケツで水を掛けたり、ボートを力ずくでひっくり返したり。凍えるような冷たさに耐えて訓練を繰り広げた。

 ボートのシールドという覆いが不十分だと、内側にどんどん水が入るため、何度も川に浸かる羽目になるパイロットも。指導役は「波もタイミングがある。落ち着いて」「流されると命取りになる」などと熱心にアドバイスしながら、心を鬼にして水を浴びせた。

 第203飛行隊の佐藤義徳2等空尉(28)は初めて同訓練を体験し、「思っていた以上に冷たい。手足が動かしづらく、顔の感覚もなくなった」と苦笑いし、「(訓練想定は現実に)ないことがいいが、非常に貴重な体験」と話していた。

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...