北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

緑の光で早期発見訴え 12,13日「世界緑内障週間」で五稜郭タワーライトアップ【函館】

「緑内障への関心が高まるきっかけになれば」と期待する、江口会長

 緑の光に託す早期発見の思い――。日本緑内障学会は「世界緑内障週間」(11~17日)に合わせ、緑内障の認知と啓発に向け、各地のランドマークをグリーンにライトアップする「ライトアップinグリーン運動」を開催する。函館眼科医会(江口秀一郎会長=江口眼科病院院長)も同運の動に今回初参加し、12、13の両日に五稜郭タワーをライトアップする。江口会長は「緑内障は早期発見によって進行を防ぐことができる病気。正しい知識を知るきっかけになってくれれば」と期待する。

 世界緑内障週間は2008年から実施されている国際的イベントで、国内でも講演会や無料検診などが行われてきた。その活動をより幅広く周知しようと、15年から全国各地でライトアップがスタート。1年目は5カ所だったが、16年は20カ所、17年は44カ所に拡大。今年は72カ所で予定され、函館でも初めて加わることになった。

 江口会長は「緑内障は日本人の中途失明原因疾患の第1位だが、早期に発見し適切な治療を継続すれば失明に至る可能性は大幅に減らすことができる」としながら、「自覚症状が少ないため気づいた時は手遅れになっていることもある」と強調。定期的な検診の大切さを訴える。

 今回のイベント参加については「さまざまな関係機関の協力によって実現することができた。函館観光の象徴である五稜郭タワーを緑内障のシンボルカラーであるグリーンでライトアップすることにより、この病気についての関心が高まればうれしい」と話している。

 ライトアップの時間は両日とも午後6時から同10時までを予定している。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...