北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大雨で各地の川が増水

 前線を伴った発達した低気圧と暖気の影響で、日高地方は8日から9日にかけ季節外れの大雨となった。沙流川上流の日高町日高で8日朝に車両4台が川に流され、同日、浦河町緑町で土砂崩れが発生。新ひだか町は各地の河川氾濫を警戒し、8日午前から正午にかけ避難準備警報を発令。管内の国道4路線が通行止めとなり、交通網が寸断した。

 8日午前8時40分ごろ、日高町富岡の国立青少年自然の家に近い沙流川上流左岸にある北電日高発電所の取水せき修理工事現場で、工事関係車両4台が増水により流された。作業員11人は避難して無事だった。

 浦河町では同日午前に緑町の町道沿いで土砂崩れが発生。町内では同日、絵笛地区を流れる水路の増水で町道絵笛本線が冠水し、通行止めにした。

冠水により通行止めとなった浦河町絵笛地区

浦河町緑町で発生した土砂崩れ

 また、町内各地から「川があふれ、きゅう舎に水が入ってくる」(杵臼)、「山から雪解け水が車庫に入りたまっている」(堺町西4)、「雪解け水で下水管が満水で処理が追いつかない」(役場荻伏支所前)などの連絡が入り、午後には元浦川の増水を心配した住民3人が姉茶生活館に自主避難し、町は毛布など非常用品の準備に当たった。

 避難所は民家の床下浸水被害があった平取町の紫雲古津小を始め、新ひだか町ピュアプラザほか各地に開設。

 管内国道は各地で寸断。大雨と暖気による雪崩の恐れで、274号日勝峠(日高町千栄~十勝管内清水町)は8日午後8時から、236号天馬街道(浦河町上杵臼~広尾町上トヨイ基線)は同9時から、336号黄金道路(えりも町庶野~十勝管内広尾町音調津)は同10時から通行止めを開始。高波による道路冠水の恐れで、国道235号日高町豊郷(一時緑町まで)~同町清畠間3・7㌔は9日午前5時半から通行止めとなった。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...