北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

青函トンネル30年、出会いに感謝、新幹線札幌開業に期待【福島】

 

トンネル工事に従事した日々を振り返る菊地さん

 13日、北海道と本州を結ぶ青函トンネルが開業して30年を迎える。先進導坑工事に携わった菊地謹一さん(80)=福島町在住=は、1964年から83年まで19年間工事に従事し「暗く暑いトンネルの中で1日12時間も奮闘する毎日。作業坑の大出水事故(76年5月)をはじめ日々がドラマの連続だったが、何といっても一番思い出深いのは先進導坑貫通の日(83年1月27日)。歴史の一ページを書き換えたという実感で、感無量だった」と振り返る。

 工事に関わるきっかけは、20歳のころ乗っていた漁船が、トンネル建設のための調査船の一隻になったことだった。「トンネルにはあなたのような若い人の力が必要だ」と技師の一人に語り掛けられて数年がたった64年9月、役場を通して船に連絡が入り、日本鉄道建設公団の臨時職員としてトンネル建設に身を投じることになる。

 もともと土木は全くの門外漢。それでも「市振トンネル(北陸本線)などの工事で活躍した先輩方に目をかけられ、楽しく仕事ができた」という。工事が進むにつれ、現場に加わる地元の仲間も次々と増え、その先頭になった菊地さんはますます意気盛んになった。  しかし工事が海底部分に差し掛かると、山岳トンネルでは考えられないような大量の出水に悩まされ、従来にない技術の開発が必要とされた。水平ボーリング、止水のための薬液注入、掘った岩盤を安定させるコンクリート吹付などの高度な技術が、この工事を通じ実用化され、その後の掘削技術の発展に大きく貢献することになる。

 「貫通の瞬間の喜びを味わいたくて」2001年の第二東名高速道路富士川トンネルを最後に引退するまでトンネル工事に従事し続けた菊地さん。「私の人生を決めた国鉄技師の一言には感謝してもしきれない」と過去を振り返るとともに「北海道新幹線は、札幌延伸が予定通りに進めば大きな効果を生むのでは」と期待を寄せる。

 菊地さんの思いを継ぐように、現在も長男の一さん(53)が道新幹線の赤井川トンネル工事に従事しており、12年後の札幌開業の時には一番列車に乗ると心に決めている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...