北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

そば「大正(笑)庵」復活 脱サラ・坂本さん継承【芽室】

 昨年末で閉店した「そば蔵 大正(笑)庵」(町西士狩北5線25)を、前店主の元同僚の坂本仁さん(56)が引き継ぎ、10日に開店した。大手電機メーカー子会社を早期退職し、第二の人生を歩み始めた坂本さんは「これまでの味に近づけるよう努力したい。居心地のいい店にしていきたい」と話している。

店を引き継いだ坂本さん(中央)と長崎さん(左)、片岸さん

 坂本さんはオホーツク管内訓子府町生まれ。東北工業大を卒業後、大手電機メーカーの子会社に就職した。「大正(笑)庵」の前店主片岸清さん(67)とは元同僚で、1998年から2000年代初めの帯広勤務時代に一緒に働いていた。電機メーカー本社から出向していた片岸さんは51歳で会社を辞め、2002年に「大正(笑)庵」を創業した。

 中札内村にあった大正15年築の古民家を移築した店内は落ち着いた雰囲気で、地元客を中心に人気を集めた。昨年10月に15周年を迎えたのを一区切りに昨年末で店を閉めた。

 閉店の意向を聞いた坂本さんは「この味を残したい」と、昨年秋ごろに片岸さんに店の継承を申し出た。片岸さんの師匠の「百姓(笑)庵」(幕別)店主の長崎勉さん(69)の元でそば打ちを習い、並行して片岸さんからつゆの作り方など一通り仕込んでもらった。

 新店舗は、坂本さん自身も客としてお気に入りだった「ごぼう天そば」(900円)など、十数種類のメニューでスタートした。

 5月に故郷の札幌市に居を移す片岸さんは「体力的に衰えてきて店を閉めたが、お客さんに申し訳ない気持ちもあった。坂本さんが引き継いでくれることは非常にありがたい」と喜ぶ。長崎さんは「(腕前は)まだまだ。これからはお客さんが師匠(になる)」と激励する。

 2人の師匠に見守られて新たな道を踏み出した坂本さんは「店の名前のように、お客さんが楽しめる店にしたい」と話している。営業時間は午前11時~午後2時。月・火曜定休。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...