北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

東日本大震災から7年―災害備え、代用品で調理実習【根室】

非常時の炊飯に挑戦する参加者ら

 東日本大震災の発生から丸7年となった11日、FMねむろが主催した防災イベント「第2回みんなdeぼうさい」が市総合文会館で開かれた。今年は災害調理実習と非常持ち出し品の確認に焦点を当て、子どもから大人まで15人の参加者が3.11の教訓を生かし、正しい知識と万が一の備えを学んだほか、震災発生時刻に合わせて黙とうを捧げた。

 市民と共に防災意識を高めようと、昨年からFMねむろが企画している防災イベント。釧路市の防災士・金子ゆかりさんと防災演習アシスタントの菅原似久子さんを講師に迎え、平成5年の釧路沖地震発生直後に釧路の病院で実践された炊き出しを参考に、身近な材料を使った調理実習と防災講座に取り組んだ。

 調理実習では、ポリ袋に生米と水を入れて行う炊飯と、缶詰を使ったサバのトマトソース煮作りに挑戦。どちらもカセットコンロと鍋があればできる調理法で、金子さんは「避難所での温かい食事は心安らぐ大きな要因」として、避難所生活が長引いた場合の食事の大切さを強調した。

 一方、防災講座では非常持ち出し品について触れ、東日本大震災や阪神淡路大震災で実際に役立った物などを挙げながら詳しく解説した。持ち出し品について、近年は「お薬手帳」など自分の情報を示す物の重要性が叫ばれており、持ち出し品リストにプラスして自分に必要なものは何か考えることが大切とした。

 参加した市内在住の60代主婦は「持ち出し品は分かっていてもなかなか準備できずにいる。あすから少しずつ用意していきたい」と話し、気づいたことをメモするなどして熱心に受講していた。同局では「持ち帰ることができる情報を提供できて良かった。今度は参加した皆さんが周囲に伝えてほしい」と話し、市民が防災について考えるきっかけになることを願っている。

 東日本大震災による死者・行方不明者は震災関連死も含めて2万2,000人を超え、今もなお避難している人は約7万3,000人に上る。この日は震災発生時刻の午後2時47分に合わせて黙とうを行い、全員が目を閉じて犠牲者を悼み鎮魂の祈りを捧げた。

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...