北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯畜大屋上 養蜂場に【帯広】

 帯広畜産大学の屋上で養蜂を行い、畜大ブランドの蜂蜜販売を目指す学生主体の計画が動きだしている。計画初年度の2018年度はミツバチの管理方法や植物が受粉するかを確認し、19年度から本格的に蜂蜜を採取する考え。発案者の萬田明さん(22)=畜産科学課程3年=は「ミツバチで地域や農業、大学を活性化したい」と話している。ハチの越冬方法も研究する。

養蜂事業に取り組む萬田さん(右)と小池教授

 学生主体で、地域活性化を図る「ちくだいらんぷ事業」の一環で取り組む。

 ミツバチは気温8度を下回ると越冬できないとされるため、今年5~6月ごろに、ハチ約2万5000匹が入った巣箱2個を大学内の農場近くに設置。学内で栽培するイチゴや牧草などが受粉するか確認する。巣箱とハチは、市庁舎屋上で養蜂事業を進める東京都清瀬市から借りる。

 養蜂事業を行うには、養蜂振興法に基づき、道への届け出が必要。だが、申請が間に合わず、18年度は蜂蜜を採取できない。19年度からは大学屋上で本格的に養蜂を実施する。ハチは当面、清瀬市に送って越冬させるが、地熱やボイラー熱などを活用して大学構内で越冬できないか探る。養蜂関係者によると、道内でハチを越冬させる養蜂事業者は少ないという。

 萬田さんが養蜂に興味を持ったのは、16年にワーキング・ホリデーで滞在したカナダでの体験。昆虫は大嫌いだったが、訪れた養蜂場でしたたり落ちる蜂蜜のおいしさに感動した。萬田さんは「ミツバチは子どもや仲間のために餌を取る社会性があり、人間みたいで面白い」と魅力を語る。蜂蜜は十勝の食材と組み合わせ、地域活性化につなげたい考えだ。

 一連の取り組みは養蜂のほか、ハチミツの成分分析やハチの病気研究など学術分野にも活用する。指導する小池正徳教授(55)は「将来的には学生の実習にも活用したい」と話す。

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...