北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯畜大屋上 養蜂場に【帯広】

 帯広畜産大学の屋上で養蜂を行い、畜大ブランドの蜂蜜販売を目指す学生主体の計画が動きだしている。計画初年度の2018年度はミツバチの管理方法や植物が受粉するかを確認し、19年度から本格的に蜂蜜を採取する考え。発案者の萬田明さん(22)=畜産科学課程3年=は「ミツバチで地域や農業、大学を活性化したい」と話している。ハチの越冬方法も研究する。

養蜂事業に取り組む萬田さん(右)と小池教授

 学生主体で、地域活性化を図る「ちくだいらんぷ事業」の一環で取り組む。

 ミツバチは気温8度を下回ると越冬できないとされるため、今年5~6月ごろに、ハチ約2万5000匹が入った巣箱2個を大学内の農場近くに設置。学内で栽培するイチゴや牧草などが受粉するか確認する。巣箱とハチは、市庁舎屋上で養蜂事業を進める東京都清瀬市から借りる。

 養蜂事業を行うには、養蜂振興法に基づき、道への届け出が必要。だが、申請が間に合わず、18年度は蜂蜜を採取できない。19年度からは大学屋上で本格的に養蜂を実施する。ハチは当面、清瀬市に送って越冬させるが、地熱やボイラー熱などを活用して大学構内で越冬できないか探る。養蜂関係者によると、道内でハチを越冬させる養蜂事業者は少ないという。

 萬田さんが養蜂に興味を持ったのは、16年にワーキング・ホリデーで滞在したカナダでの体験。昆虫は大嫌いだったが、訪れた養蜂場でしたたり落ちる蜂蜜のおいしさに感動した。萬田さんは「ミツバチは子どもや仲間のために餌を取る社会性があり、人間みたいで面白い」と魅力を語る。蜂蜜は十勝の食材と組み合わせ、地域活性化につなげたい考えだ。

 一連の取り組みは養蜂のほか、ハチミツの成分分析やハチの病気研究など学術分野にも活用する。指導する小池正徳教授(55)は「将来的には学生の実習にも活用したい」と話す。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...