北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳で中部国際空港をアピール 誘客へ取り組み

中部線をアピールする中部国際空港の公式応援サポーター「dela(デラ)」

 民間企業として空港を管理、運用する中部国際空港(愛知県常滑市)は3月から、道内製品の販売拡大と新千歳空港からの誘客を目指す取り組みを進める。道内製品の売り込みでは16日から中部国際空港でインバウンド(訪日外国人旅行者)向けに本道の海産物を販売。5月中旬をめどに革製かばんの製造・販売いたがき(赤平市)が出店する。道民へ「名古屋飯」の魅力を伝える動画プロジェクトも3月12日に始めた。

 中部国際空港が新千歳空港で12日に行った記者会見で明らかにした。

 販売する道内産海産物は冷凍の毛ガニとホタテ貝柱。国際線の制限区域内で直営する免税店で取り扱う。中部地方のインバウンドにも強い支持を持つ道産品をそろえることで、客の需要に応える。

 いたがきは北海道色とものづくりの重厚さを基調とした6店舗目を準備中だ。旅の拠点となる空港への出店に併せ、今後は旅行用の製品も年間2、3種類を開発する方針。板垣江美社長は「かばんを売るだけでなく、商品開発の情報源にもしたい」と抱負を述べた。

 道民を中部地方に呼び込むため、着目したのが独自の食文化で知られる「名古屋飯」。ひつまぶし、みそカツといった名物料理を同空港に就航中の航空会社のPRと併せて動画で紹介する。インターネットの特設サイトと投稿写真の共有サービス「インスタグラム」で発信中だ。道民が中部地方を訪れた際に使えるクーポンも用意し、会見では公式応援サポーター「dela(デラ)」メンバーがアピールした。

 中部国際空港の年間旅客数は2017年実績で1146万人。新千歳線は3月時点で1日当たり18往復が就航し、中部の発着路線として最も多い。

関連記事

室蘭民報

噴火湾文化研究所が江戸後期の能衣装公開【伊達】

 伊達市噴火湾文化研究所(館山町)で収蔵されている江戸時代後期に作られた仙台藩亘理伊達家の能の衣装「濃茶地丸紋散(こいちゃじまるもんち)らし繍箔能装束(ぬいはくのうしょうぞく)」が25日、報道...

室蘭民報

室蘭遺族会が会員減少と高齢化で活動休止へ【室蘭】

 室蘭出身戦没者の遺族でつくる室蘭遺族会(徳中嗣史会長)が、会員の減少と役員の高齢化のため活動を休止する。同会が室蘭八幡宮境内に建立した招魂社も築60年以上がたち老朽化しており、近く解体する予...

室蘭民報

幕西の柏木さん宅に愛情注いだツツジと藤の花【室蘭】

 室蘭市幕西町の柏木むつ子さん宅の庭では、春の陽気に誘われて、鮮やかな3色のツツジと藤の花が咲き誇り、さわやかな香りを届けている。  母親が花を好きだったこともあり、幼い頃から触れ合い育った...

函館新聞

親世代に出張無料相談 ららぽーとブライダル【函館】

 日本ブライダル連盟加盟の結婚相談所「ららぽーとブライダル」(函館市新川町、米木司代表)は、独身者の親に対してアドバイスをする出張無料相談を始める。未婚の子を心配する親世代からの相談機会が...

函館新聞

尾道市の空き家再生に取り組む豊田さん招く 箱バルが1日【函館】

 西部地区の古い建物の利活用を進めている合同会社箱バル不動産(蒲生寛之代表)は6月1日午後6時半から、「地域をつなぐ小商いミーティングin函館西部地区」を入舟町の倉庫で開く。広島県尾道市で旧...