北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別温泉調理師登庖会・青年部が研さん重ね交流深める【登別】

持ち寄った料理の味や盛り付けなどを確認する参加者たち

 登別温泉調理師登庖会(本間良廣会長)の青年部が、若手同士の交流と加入促進に向けた勉強会を展開している。テーマを決めて自作の料理を持ち寄ったり、飲食店を訪問して味や盛り付けの技術を学んだりと、研さんを重ねながら交流を深めている。

 青年部は現在8人で、30、40代のメンバーが中心。20代の若い会員が少ないことから、コミュニケーションの構築とモチベーションを高める取り組みとして、青年部メンバーで同会副会長の渡辺晃紀さんが呼び掛け、昨年4月から、交流会や勉強会などに取り組んでいる。

 交流会は、旅館・ホテル、和食料理店などを訪れ、提供されるメニューの盛り付けや味の技術を学んでいる。テーマを決めて考案した料理を持ち寄る勉強会も実施。各宿泊施設の夕食が落ち着く夜に厨房(ちゅうぼう)に集まり、オリジナルメニューを持参。使用している食材や特徴などを説明し、試食を通して質疑応答するスタイルだ。

 28日夜にゆもと登別(登別温泉町)で行われた6回目の勉強会には、渡辺さんら青年部メンバー、本間会長ら15人が出席。今回は道産食材を使用した蒸し物がテーマだ。各自の勤務体制などもあるため、全員がそろうのは難しいが、開始時間の午後9時半ごろに続々と料理が届いた。

 茶碗蒸し風に仕上げた大滝産シイタケとホタテの松前蒸しは、アワビの殻やコンブを器に使用。のぼりべつ牛乳も用いて地元感をプラスした。桜蒸し物は、サクラ色に染まった和菓子・道明寺で登別豚の角煮を包んだ。メレンゲに焦げ目をつけて残雪を表現したユニークな料理のほか、食材に菜の花やタケノコ、サクラマスなど春到来を告げる食材使用もあり、培った技術を披露している。立ち会った本間会長も「どれもおいしい料理。若い人たちの技術が伸びるように期待しています」と激励した。

 勉強会は今後も定期的に開催していく。渡辺さんは「連携を図る勉強会を開くことで、若い人たちにも会に入ってもらいたい。将来的には商店街とのコラボレーションもできればいいですね」と話した。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...