北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別温泉調理師登庖会・青年部が研さん重ね交流深める【登別】

持ち寄った料理の味や盛り付けなどを確認する参加者たち

 登別温泉調理師登庖会(本間良廣会長)の青年部が、若手同士の交流と加入促進に向けた勉強会を展開している。テーマを決めて自作の料理を持ち寄ったり、飲食店を訪問して味や盛り付けの技術を学んだりと、研さんを重ねながら交流を深めている。

 青年部は現在8人で、30、40代のメンバーが中心。20代の若い会員が少ないことから、コミュニケーションの構築とモチベーションを高める取り組みとして、青年部メンバーで同会副会長の渡辺晃紀さんが呼び掛け、昨年4月から、交流会や勉強会などに取り組んでいる。

 交流会は、旅館・ホテル、和食料理店などを訪れ、提供されるメニューの盛り付けや味の技術を学んでいる。テーマを決めて考案した料理を持ち寄る勉強会も実施。各宿泊施設の夕食が落ち着く夜に厨房(ちゅうぼう)に集まり、オリジナルメニューを持参。使用している食材や特徴などを説明し、試食を通して質疑応答するスタイルだ。

 28日夜にゆもと登別(登別温泉町)で行われた6回目の勉強会には、渡辺さんら青年部メンバー、本間会長ら15人が出席。今回は道産食材を使用した蒸し物がテーマだ。各自の勤務体制などもあるため、全員がそろうのは難しいが、開始時間の午後9時半ごろに続々と料理が届いた。

 茶碗蒸し風に仕上げた大滝産シイタケとホタテの松前蒸しは、アワビの殻やコンブを器に使用。のぼりべつ牛乳も用いて地元感をプラスした。桜蒸し物は、サクラ色に染まった和菓子・道明寺で登別豚の角煮を包んだ。メレンゲに焦げ目をつけて残雪を表現したユニークな料理のほか、食材に菜の花やタケノコ、サクラマスなど春到来を告げる食材使用もあり、培った技術を披露している。立ち会った本間会長も「どれもおいしい料理。若い人たちの技術が伸びるように期待しています」と激励した。

 勉強会は今後も定期的に開催していく。渡辺さんは「連携を図る勉強会を開くことで、若い人たちにも会に入ってもらいたい。将来的には商店街とのコラボレーションもできればいいですね」と話した。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...