北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別温泉調理師登庖会・青年部が研さん重ね交流深める【登別】

持ち寄った料理の味や盛り付けなどを確認する参加者たち

 登別温泉調理師登庖会(本間良廣会長)の青年部が、若手同士の交流と加入促進に向けた勉強会を展開している。テーマを決めて自作の料理を持ち寄ったり、飲食店を訪問して味や盛り付けの技術を学んだりと、研さんを重ねながら交流を深めている。

 青年部は現在8人で、30、40代のメンバーが中心。20代の若い会員が少ないことから、コミュニケーションの構築とモチベーションを高める取り組みとして、青年部メンバーで同会副会長の渡辺晃紀さんが呼び掛け、昨年4月から、交流会や勉強会などに取り組んでいる。

 交流会は、旅館・ホテル、和食料理店などを訪れ、提供されるメニューの盛り付けや味の技術を学んでいる。テーマを決めて考案した料理を持ち寄る勉強会も実施。各宿泊施設の夕食が落ち着く夜に厨房(ちゅうぼう)に集まり、オリジナルメニューを持参。使用している食材や特徴などを説明し、試食を通して質疑応答するスタイルだ。

 28日夜にゆもと登別(登別温泉町)で行われた6回目の勉強会には、渡辺さんら青年部メンバー、本間会長ら15人が出席。今回は道産食材を使用した蒸し物がテーマだ。各自の勤務体制などもあるため、全員がそろうのは難しいが、開始時間の午後9時半ごろに続々と料理が届いた。

 茶碗蒸し風に仕上げた大滝産シイタケとホタテの松前蒸しは、アワビの殻やコンブを器に使用。のぼりべつ牛乳も用いて地元感をプラスした。桜蒸し物は、サクラ色に染まった和菓子・道明寺で登別豚の角煮を包んだ。メレンゲに焦げ目をつけて残雪を表現したユニークな料理のほか、食材に菜の花やタケノコ、サクラマスなど春到来を告げる食材使用もあり、培った技術を披露している。立ち会った本間会長も「どれもおいしい料理。若い人たちの技術が伸びるように期待しています」と激励した。

 勉強会は今後も定期的に開催していく。渡辺さんは「連携を図る勉強会を開くことで、若い人たちにも会に入ってもらいたい。将来的には商店街とのコラボレーションもできればいいですね」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...

函館新聞

野外劇テーマ曲「星のまちHakodate」暁月さんが収録【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は、戊辰戦争終結150年を記念した事業として、野外劇のテーマソング「星のまちHakodate」のCDを制作する。19日には市芸術ホ...

函館新聞

春のバル街を満喫 西部地区、71店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が19日、同地区で開かれた。肌寒い天候にもかかわらず、多くの参加者が...