北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別温泉調理師登庖会・青年部が研さん重ね交流深める【登別】

持ち寄った料理の味や盛り付けなどを確認する参加者たち

 登別温泉調理師登庖会(本間良廣会長)の青年部が、若手同士の交流と加入促進に向けた勉強会を展開している。テーマを決めて自作の料理を持ち寄ったり、飲食店を訪問して味や盛り付けの技術を学んだりと、研さんを重ねながら交流を深めている。

 青年部は現在8人で、30、40代のメンバーが中心。20代の若い会員が少ないことから、コミュニケーションの構築とモチベーションを高める取り組みとして、青年部メンバーで同会副会長の渡辺晃紀さんが呼び掛け、昨年4月から、交流会や勉強会などに取り組んでいる。

 交流会は、旅館・ホテル、和食料理店などを訪れ、提供されるメニューの盛り付けや味の技術を学んでいる。テーマを決めて考案した料理を持ち寄る勉強会も実施。各宿泊施設の夕食が落ち着く夜に厨房(ちゅうぼう)に集まり、オリジナルメニューを持参。使用している食材や特徴などを説明し、試食を通して質疑応答するスタイルだ。

 28日夜にゆもと登別(登別温泉町)で行われた6回目の勉強会には、渡辺さんら青年部メンバー、本間会長ら15人が出席。今回は道産食材を使用した蒸し物がテーマだ。各自の勤務体制などもあるため、全員がそろうのは難しいが、開始時間の午後9時半ごろに続々と料理が届いた。

 茶碗蒸し風に仕上げた大滝産シイタケとホタテの松前蒸しは、アワビの殻やコンブを器に使用。のぼりべつ牛乳も用いて地元感をプラスした。桜蒸し物は、サクラ色に染まった和菓子・道明寺で登別豚の角煮を包んだ。メレンゲに焦げ目をつけて残雪を表現したユニークな料理のほか、食材に菜の花やタケノコ、サクラマスなど春到来を告げる食材使用もあり、培った技術を披露している。立ち会った本間会長も「どれもおいしい料理。若い人たちの技術が伸びるように期待しています」と激励した。

 勉強会は今後も定期的に開催していく。渡辺さんは「連携を図る勉強会を開くことで、若い人たちにも会に入ってもらいたい。将来的には商店街とのコラボレーションもできればいいですね」と話した。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...