北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧駅前を考える会発足 市民が自ら当事者意識持って

苫小牧駅前を考える会が初めて開いた意見交換会

 JR苫小牧駅周辺の苫小牧市中心街の活性化策を探るため、市内の若手企業経営者らを中心にした「苫小牧駅前を考える会」(杉村原生代表)が発足した。6日にはまちなか交流センター・ココトマ(表町)で、市民ら約30人を集めて「苫小牧駅前問題」をテーマにした意見交換会を初めて開催。中心街にぎわい創出のアイデアなどを話し合った。

 考える会は、旧駅前プラザ・エガオの空きビル状態が長く続くなど、中心街再生への行方が不透明な状況に陥っている駅前問題について市民が自ら当事者意識を持ち、できることを考える機運を高めていくための市民団体。ライブハウスや清掃会社の経営者など30~40歳代の若手が中心となって立ち上げた。

 活動の第一弾として6日、ココトマで意見交換会を企画。杉村代表は、2014年から毎年夏に中心街で手掛けている無料野外音楽フェス「活性の火」の活動を紹介。昨年度は市内外から約2万5000人の来場を記録したことに触れ、「若い人たちが苫小牧で自慢できるものをつくりたかった」とフェスの狙いを説明。中心街活性化に向けては「若者の行動を喚起するのが大事ではないか」と述べた。

 参加者からは、市内各所でさまざな主催者が企画する行事を総合的に発信していくコーディネーターの必要性や、平時からのにぎわい創出の工夫を求める意見などが出た。ゲスト参加した山岡達丸衆院議員は「東西に長い苫小牧で、中心部の活性化は重要な視点。政治の分野で何かできることがないか考えたい」と語った。

 同会は7月にも同様の意見交換会を計画。杉村代表は「中心街の問題に関心を持って、行動する人を一人でも増やしたい」と意欲を見せる。

関連記事

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...