北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

今季最後の滑り満喫 七飯スノーパーク営業最終日【七飯】

営業最終日で滑り納めを楽しむスキー客

 函館七飯スノーパークは8日、今シーズンの営業最終日を迎えた。3月31日に終える予定だったが、今季は雪に恵まれ、8日まで延長して営業。この日も約210人が来場し、軽快に滑り納めを楽しんだ。

 昨年12月上旬のオープン初日から十数年ぶりにゴンドラが稼働し、コースも7コースが完成。降雪量は例年の倍で、道南を中心に客足が好調だった。さらに3月には台湾や東南アジアの外国人観光客も増加し、来場者、売り上げともに伸びた。

 最終日も多くの人でにぎわい、今季最後のスキー、スノーボードを楽しんだ。函館市の北野みち子さん(66)は「例年より長く営業してくれたので良かった。山頂の方は雪質が良く、今日(8日)で終わるのがもったいない。できればもっと営業してほしかった」と名残惜しそうに語った。

 約4カ月の営業で、来場者数は前年比約5%増の約4万6000人となった。同パークを管理する鈴木商会の佐川大蔵営業係長は「先週の暖気で雪解けが進んでいるが、ここまでの雪は予想しておらず、11年ぶりに延長もできた。前年よりも多くの人に来ていただいてうれしい」と話していた。

 28日からは駒ケ岳や大沼公園、噴火湾などを山頂から一望できる函館七飯ゴンドラの夏営業がスタートする。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...