北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

豊漁の期待乗せ漁場へ 小型サケ・マス船出漁【根室】

漁場を目指して出漁した漁船(歯舞漁港)

 日本200カイリ内で操業する太平洋小型サケ・マス流し網漁が10日午前0時に解禁され、道内各港から出漁した。市内では歯舞、花咲港、落石の3港から22隻が漁場を目指して出漁し、船主、家族、漁協職員らが見送った。

 今年の同サケ・マス漁での市内からの着業予定船は根室漁協5隻、根室湾中漁協2隻、歯舞漁協15隻、落石漁協4隻、えりも漁協の外来船1隻の計27隻と前年より1隻増となっている。

 このうち、14隻が出漁した歯舞漁港では家族や漁協職員らの見送りの中、出漁各船は午前0時に次々と岸壁を離れ、エンジン音を響かせながら日本水域の漁場を目指した。

 第8宝春丸乗組員の吉岡徳彦さん(45)は「行ってみないと分からないが、他の船に負けないように安全操業で頑張ってきたい」と話していた。

 今月6日に妥結した日本200カイリ内の操業条件等を決める日ロ漁業合同委員会第34回会議」(日ロサケ・マス漁業交渉)では、カラフトマス、ベニザケ、ギンザケ、マスノスケ合わせて1,550トン(ベニザケ、ギンザケ、マスノスケについては、3種合わせて1隻当たり1トン以内)、シロザケ500トンの合計2,050トンで前年と同様。ロシア側に支払う漁業協力費は2億6,484万円~3億12万円の範囲で漁獲実績に応じて決定される。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...