北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

豊漁の期待乗せ漁場へ 小型サケ・マス船出漁【根室】

漁場を目指して出漁した漁船(歯舞漁港)

 日本200カイリ内で操業する太平洋小型サケ・マス流し網漁が10日午前0時に解禁され、道内各港から出漁した。市内では歯舞、花咲港、落石の3港から22隻が漁場を目指して出漁し、船主、家族、漁協職員らが見送った。

 今年の同サケ・マス漁での市内からの着業予定船は根室漁協5隻、根室湾中漁協2隻、歯舞漁協15隻、落石漁協4隻、えりも漁協の外来船1隻の計27隻と前年より1隻増となっている。

 このうち、14隻が出漁した歯舞漁港では家族や漁協職員らの見送りの中、出漁各船は午前0時に次々と岸壁を離れ、エンジン音を響かせながら日本水域の漁場を目指した。

 第8宝春丸乗組員の吉岡徳彦さん(45)は「行ってみないと分からないが、他の船に負けないように安全操業で頑張ってきたい」と話していた。

 今月6日に妥結した日本200カイリ内の操業条件等を決める日ロ漁業合同委員会第34回会議」(日ロサケ・マス漁業交渉)では、カラフトマス、ベニザケ、ギンザケ、マスノスケ合わせて1,550トン(ベニザケ、ギンザケ、マスノスケについては、3種合わせて1隻当たり1トン以内)、シロザケ500トンの合計2,050トンで前年と同様。ロシア側に支払う漁業協力費は2億6,484万円~3億12万円の範囲で漁獲実績に応じて決定される。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...