北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新しい浦河警察署長の岡﨑健一さん(53)

 3月26日付で浦河署長に着任した。前任は旭川方面本部警備課長。災害担当が長く、「死亡交通事故ゼロを目指し、特殊詐欺の被害予防に加え、住民の協力を得ながら災害対策にしっかり取り組みたい」と抱負を語っている。

 山形県山形市出身。自衛官だった父親の転勤で3歳から高校まで千歳市で育ち、千歳高を卒業し、昭和58年に道警に採用された。「中学時代に人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の影響を受け、警察官の道を選んだ」という。

 初任地は苫小牧署の交番勤務。主に機動隊や各方面本部の災害対策を担当。2度の配属で8年半務めた機動隊では、津波や水害時に水中で捜索、救助などに当たる特務小隊にも所属した。

 津波や火災で230人の死者・行方不明者の犠牲者を出した平成5年の北海道南西沖地震では奥尻島の海に潜り、行方不明者の捜索に当たった。2年後の阪神淡路大震災時にも陸上支援で現地に入っている。

 浦河からえりもまで3町管轄の同署エリアは、近い将来に巨大地震による大津波の発生の可能性が指摘されている。岡㟢署長は「自治体と消防、海上保安署、住民らとの災害訓練を通して、いざというときに適切に対応できるよう、『顔の見える関係』を築いていきたい」と話す。

 着任に当たり、署員には「住民のために一丸となり頑張り、信頼を得ていきたい。風通しの良い職場にしよう」と要望した。

 趣味に料理や魚釣りがある。「日高の食材は種類が豊富と聞いている。魚もさばけるので、美味しい海の幸、山の幸を作って食べるのが楽しみ」という。家庭菜園づくり、ロードバイクも趣味の一つ。単身赴任。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...