北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新しい浦河警察署長の岡﨑健一さん(53)

 3月26日付で浦河署長に着任した。前任は旭川方面本部警備課長。災害担当が長く、「死亡交通事故ゼロを目指し、特殊詐欺の被害予防に加え、住民の協力を得ながら災害対策にしっかり取り組みたい」と抱負を語っている。

 山形県山形市出身。自衛官だった父親の転勤で3歳から高校まで千歳市で育ち、千歳高を卒業し、昭和58年に道警に採用された。「中学時代に人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の影響を受け、警察官の道を選んだ」という。

 初任地は苫小牧署の交番勤務。主に機動隊や各方面本部の災害対策を担当。2度の配属で8年半務めた機動隊では、津波や水害時に水中で捜索、救助などに当たる特務小隊にも所属した。

 津波や火災で230人の死者・行方不明者の犠牲者を出した平成5年の北海道南西沖地震では奥尻島の海に潜り、行方不明者の捜索に当たった。2年後の阪神淡路大震災時にも陸上支援で現地に入っている。

 浦河からえりもまで3町管轄の同署エリアは、近い将来に巨大地震による大津波の発生の可能性が指摘されている。岡㟢署長は「自治体と消防、海上保安署、住民らとの災害訓練を通して、いざというときに適切に対応できるよう、『顔の見える関係』を築いていきたい」と話す。

 着任に当たり、署員には「住民のために一丸となり頑張り、信頼を得ていきたい。風通しの良い職場にしよう」と要望した。

 趣味に料理や魚釣りがある。「日高の食材は種類が豊富と聞いている。魚もさばけるので、美味しい海の幸、山の幸を作って食べるのが楽しみ」という。家庭菜園づくり、ロードバイクも趣味の一つ。単身赴任。

関連記事

名寄新聞

東京海上日動新入社員が森林研修【下川】

 東京海上日動火災保険の新入社員44人(九州・沖縄地区から女性42人、男性2人)が、森林づくりを通して人間力を高めようと、16日から20日までの5日間、町内に滞在。町有林の枝打ちやササ刈りに取り組んだ...

十勝毎日新聞

機体の要 準備万端 IST2号機 28日打ち上げ【大樹】

 インターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は19日、町浜大樹の実験場で、28日打ち上げ予定の観測ロケットMOMO2号機のエンジンと、新開発の姿勢制御装置を同時に燃焼させる実験に...

十勝毎日新聞

こいのぼり 天まで泳げ 歴舟川【大樹】

 国道236号沿いの歴舟川に20日、今年もこいのぼりがお目見えした。空に向かって極彩色がたなびき、28日に予定の民間企業によるロケット打ち上げの観覧客も出迎える。  町と町観光協会が主催し今...

十勝毎日新聞

汗ばむ陽気 帯広21度 公園水飲み場も通水【十勝】

 20日の十勝地方は高気圧の張り出しの中にあり、前日に続いての陽気に。正午までの最高気温は幕別町糠内21.2度、足寄21.1度、音更町駒場と帯広で21.0度など管内9地点で20度以上を記録した...

函館新聞

中谷製作所が新製品「よけとるくん」販売 もや解消に効果

 コンブやウニ漁などで海底を覗くために使用する「箱眼鏡」を製作する中谷製作所(函館市美原4、村川陽一代表)がこのほど、真水と海水の断層によって生じる視界不良を解消する新製品「よけとるくん」を開発...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス