北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

天塩町に地方創生大賞 道内で唯一選ばれる

 

ふるさと名品オブ・ザ・イヤーの表彰式で梶山地方創生担当大臣から表彰を受ける天塩町の齊藤副町長

 「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」(同実行委員会主催)の表彰式がこのほど、内閣府で行われ、地方創生大賞に天塩町が齊藤啓輔副町長を中心に進めている各種地方創生プロジェクトが道内で唯一選ばれた。

 ふるさと名品オブ・ザ・イヤーは、地域の将来を支える名品とその市場開拓を支援する表彰制度で平成27年度から実施。今回は「ヒト」、「モノ」、「コト」の三つのカテゴリー、ふるさとコンシェルジュや地方創生プロデューサーなど44の部門合わせて77件を選出。さらにその中から3カテゴリーそれぞれに地方創生賞、同大賞を選出。天塩町の取り組みは「シティマネージャー齊藤啓輔を中心とした衝撃に備えつつ未来に向かう地域創生」として、「ヒト」カテゴリーの地方創生大賞を受賞した。

 そのほか、「モノ」カテゴリーは、和歌山県海南市の「髙田耕造店紀州産からだ用棕櫚(しゅろ)たわし檜柄」、「コト」カテゴリーには、岩手県遠野市の「Next CommonsLab遠野BrewingTonoチーム」がそれぞれ大賞に選ばれた。

 天塩町は地方創生人材派遣制度により、齊藤啓輔副町長が平成28年に着任し、齊藤副町長を中心に各種地方創生プロジェクトが次々とスタート。

 食による地方経済活性化に取り組んでいる「天塩國(てしおのくに)眠れる食資源活用プロジェクト」では、ミシュラン掲載店のシェフらともに食資源を掘り起こして磨き上げ、販路を先に確保。地元への利益は、ふるさと納税の寄付金の増加分を含め4億円以上となったことや、インターネットを介して仕事をしたい人と仕事を依頼したい企業をつなぐ仕組みづくりを通して、新たな雇用創出を図った「働き方改革プロジェクト」。自家用車で目的地へ向かう人の空席を活用し、同じ目的地へ行きたい人が同じ車に乗って目的地に向かうことができる民間企業のシステムを活用し、直通の公共交通機関がない天塩―稚内間の交通不便解消を図っている「天塩―稚内間相乗り交通事業」など、同じような課題を抱える自治体のモデルケースになるべく、複数の企業を巻き込んで課題解決に取り組んだことが評価された。

 受賞式で、梶山弘志地方創生担当大臣から表彰状を受け取った齊藤副町長は「プロジェクトを進めていく中で、町民の方々の意識が変わっていった。この取り組みに追従していってくれる地域が現れてくれるとありがたい」と述べた。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...