北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

道外からの生徒10人入講

【日高】町教委主催の町産業学習推進制度の平成30年度入講式が10日、日高町民センターで開かれ、道外から日高高校(町田英謙校長、32人)に入学した10人の生徒が式に臨み、地元町民らが歓迎した。

 自然環境と地域資源を活用して人材を育成する産業学習推進制度は、平成2年から町教委と日高高校(定時制)が連携してスタート。産業学習の単位取得により1年短い3年で卒業できる。

 定時制課程で昼間は地域の産業学習やアウトドア活動、スキーのインストラクターを目指し、冬季は連日4時間のスキー特訓、夜間は高校で普通科の勉学に励んでいる。 

 今年度の入講生は、東京、神奈川、茨城、埼玉、静岡、兵庫から10人。入講許可宣言後、津田俊哉教育委員長職務代理者が「自宅から遠く離れ寮での集団生活は決して楽ではないが、途中であきらめてはいけない。石にかじりついてでも3年後に全員そろって卒業を迎えてほしい」と激励した。

 在校生代表で寮長の木村珠己君が「目的を見失わずいっしょに頑張りましょう」と歓迎の言葉を述べたあと、「スキーと写真技術を磨きたい。勉強も頑張ります」などと新入生一人ひとりが今後の抱負を披露した。

今後の抱負を述べる新入生

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...