北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳―バンコク線再開 タイ・エアアジアX、LCC初

バンコク線運航をアピールしたタイ・エアアジアXのCEOナダ・ブラナシリ氏(右から2人目)=11日午後2時50分ごろ、札幌の赤レンガテラス

 格安航空会社(LCC)エアアジア傘下でタイの首都バンコクを拠点に長距離路線を運航する「タイ・エアアジアX」は11日、1日1往復する新千歳―バンコク線の運航を再開した。タイ国内で高まる北海道観光の人気を取り込み、本道からはタイを訪れる観光客数増を目指す。就航特別価格を片道1万1900円で提供する。

 同社によると、同路線へのLCC就航は初という。エアアジアの新千歳発着便は中部線、クアラルンプール線に続き3路線目。特別価格の予約期間は22日まで。

 同日に札幌市内で開かれた会見でナダ・ブラナシリ最高経営責任者(CEO)は「タイからの観光客が北海道観光の成長に貢献すると確信する。タイの他都市へも簡単に乗り継ぎができる」と語った。平均搭乗率は85~90%を見込む。

 新千歳では道や千歳、苫小牧両市をはじめ関係機関・団体が歓迎の横断幕を掲げ、観光地図などを配布した。ニセコ方面へのスキー旅行で3回目の訪日を遂げた女性は「とても快適だった。値段が安くなったので、もっと使いたい」と話した。バンコクから到着した第1便(エアバスA330―300型機)は377席がほぼ満員だった。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...